京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

【頭痛改善ブログ】おでこ・こめかみ・眉毛の頭痛と吐気が改善 京都市 

 

16-1-16.jpg





朝から辛い頭痛


京都市の45歳主婦Tさん、20歳から頭痛が出て、出産ごとにきつくなりました。

目元・眉毛・おでこに片頭痛または緊張型頭痛が月10回起きます。

朝が多く朝食・お弁当の準備が頭痛でとても辛いそうです。




頭痛にアプローチ


痛みを出している「頭痛のライン」を確認します。

ラインに触ると強い痛みがあり、Tさんも認識頂きました。

ラインの緊張をしっかり取り除いてから、確認です。

Tさん「頭痛取れてます。首こりがすっきりしました!」

初回あった頭痛がきれいに取り切れました。




その後の改善


週1のペースで4回お越し頂いて、頭痛はほぼ出なくなりました。

頭痛と共に起きる吐気も起きなくなりました。

これで元のような頻発する頭痛に戻る事は無いでしょう。

ただし、自律神経の緊張が溜まるとたまにTさんの場合は頭痛に放出されます。

頭痛が増えて来ればメンテにお越しくださいとしました。




頭痛はなぜ起きる


頭痛は体のあちこちに溜まった自律神経の緊張が起こしています。

自律神経の緊張は炎症のエネルギーを抱えておりそれを頭痛で感じているのです。

当院は自律神経の緊張がどこに溜まっているかを適確に探す事が出来ます。

その原因部分に溜まった炎症を取り除いて行く療法です。

マッサージ・鍼灸・骨格矯正では改善しない頭痛に大きな効果があります。




受診の感想


4回目の受診の際に、感想を頂きました。


16-1-16a.jpg 


❏頭痛にお悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧ください。



頭痛改善・頭痛外来・緊張型頭痛治療・京都市・宇治市・亀岡市・長岡京市・向日市・八幡市・京田辺市

スポンサーサイト

category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【歯痛頭痛改善ブログ】 毎日奥歯・あご・こめかみがズキズキ痛む 枚方市 

 

16-9-29b.jpg




毎日奥歯がズキズキ


枚方市の40歳男性Hさん、2週間前から右の奥歯・あご・こめかみがズキズキ痛み出しました。

口腔外科でMRI・CTなど検査しますが歯や脳には異常が見つかりません。

薬が処方されましたが、痛みは無くなりません。

痛みは毎日で夜中も寝れず、精神的にも参られています。




体にアプローチ


痛みを出している「こめかみ頭痛のライン」を確認します。

ラインに触れると強い痛みがあり、Hさんにも認識頂けました。

こめかみ頭痛のラインは奥歯・あごを通過していますので歯痛が起きています。

奥歯痛・あご痛・こめかみ頭痛は別物ではなく同じ炎症のライン上の痛みです。

ラインの炎症をしっかり取り除いて確認です。

Hさん、「来た時の歯痛・頭痛が消えてます。頭がすっきりしました。」

初診であった歯痛・頭痛がきれいに取り切れました。




改善状況


初診から1週間、痛みは60%に軽減しました。

2回目から10日後、痛みは30%になり薬が必要なくなったそうです。

3回目から20日後、痛みが出たのは2日間だけになりました。

4回目から2ヶ月して、少し痛みが出て来院

5回目、頭痛のラインの炎症がほぼ無くなりましたので終了です。

今後は、痛みが出ればお越しくださいとしました。




受診の感想

3回目の受診の際に、感想を頂きました。

16-9-29.jpg 


❏頭痛にお悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧ください。






歯痛・あご痛・こめかみ頭痛 頭痛外来 口腔外来 頭痛改善 大阪市・豊中市・吹田市・高槻市・枚方市・茨木市・池田市・寝屋川市・門真市・守口市

category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【緊張型頭痛改善ブログ】 1日中続く重痛い緊張型頭痛が改善した 京都市 

 

16-4-9a.jpg




1日中頭が重痛い


京都市の40歳男性Hさん、寝起きから1日中頭が重痛い頭痛に悩まされています。

20代後半から週に2~3回緊張型頭痛が起きています。

頭痛薬はほとんど効きません。

頭痛が出ると仕事がとても辛いそうです。




体にアプローチ


首~後頭部に痛みを出している「頭痛のライン」を確認します。

ラインに触ると強い痛みがあり、Hさんも認識頂きました。

ラインの緊張をしっかり取り除いてから、確認です。

Hさん「今日は頭痛なかったのですが、首がすごく楽になりました!」

初回は、首の可動域が広がりすっきり感を感じて頂けました。




改善状況


初診以降、頭痛は30%ぐらいに軽減して、薬が効くようになったそうです。

2回目以降は、10ヶ月空けましたが頭痛は少し出る程度になりました。

3回目受診頂いて、ほぼ頭痛のラインの痛みが消えましたので一旦終了です。

また頭痛が増えて来ればお越しくださいとしました。




今後は


十数年間に溜まった疲労が起こしていた頭痛です。

疲労をしっかり取り除きましたので、元の様な頭痛に戻る事はありません。

少し頭痛が増えた時には、メンテナンス受診されれば良いかと思います。




受診の感想

2回目の受診の際に感想を頂きました。


16-4-9.jpg 




❏頭痛にお悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧ください。






頭痛改善・頭痛外来・緊張型頭痛治療・京都市・宇治市・亀岡市・長岡京市・向日市・八幡市・京田辺市

category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【片頭痛改善ブログ】15年間抱えた慢性片頭痛が大いに改善 

 

16-1-11_201609131458289e6.jpg




薬が効かなくなった


大阪府豊中市の45歳女性Kさん、15年前から慢性片頭痛に悩まされています。

右こめかみから始まって、頭全体がズキンズキン痛みます。

月7回ほど起き、吐気も強く病院処方の専用薬も効かなくなっています。

頭痛外来も何軒もまわり・漢方薬も試し・様々な健康法も試しましたが効果なしです。

年々重症化しており仕事中に出ると非常に困る状態です。




体にアプローチ


右こめかみ頭痛を起こしている「頭痛のライン」を確認します。

触診しますとラインに強い痛みがあり、Kさんにも認識して頂けました。

ラインの緊張をしっかり取り除いてから、初回は終了です。

初診時は、頭痛がありませんでしたのでこれで様子を見て頂きます。




受診後の改善


初診では1日2回のダブル受診を受けられました。

3週間後「頭痛の強さが軽減しました。右のこめかみ頭痛が左に変わりました。」

頭痛に改善感と変化が出て来ています。再びダブル受診を受けられました。

3週間後「頭痛が60%に減りました。生理時の頭痛も薬が効きました。」

再びダブル受診を受けられました。

3週間後「頭痛が30%になり、日常生活に支障が出なくなりました。」

この段階で今後は、たまのメンテナンス受診をお薦めして終了としました。




受診の感想


ダブル受診3回目(初診から2ヶ月経過)の時に受診のアンケート頂きました。


16-1-11_201609151007572ae.jpg 



❏頭痛にお悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧ください。









category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【頭痛改善ブログ】救急搬送された突然の強い頭痛 

 

16-5-26.jpg





帰路に来院


神奈川の31歳主婦Sさん、高知のご主人の実家に行かれてから突然のグラグラの頭痛が起きました。

強い頭痛で歩けなくなり救急搬送をされたそうです。

精密検査・内科検査も受け異常ないのですが、頭痛が治まらず薬が効きません。

帰宅途中に、当院にお越しになられました。




体にアプローチ


頭痛を起こしている「頭痛のライン」を確認します。

ラインに触ると強い痛みがあり、Sさんも認識頂きました。

ラインの緊張をしっかり取り除いてから、確認です。

Sさん「痛みが消えています。頭がすっきりしました!」

初回あった頭痛がきれいに取り切れました。




その後の改善


普段は軽い頭痛が年に数回ある程度ですので、一過性の頭痛と思われます。

頭痛が出た原因もお話して、安心して頂けたと思います。

これで帰宅されれば、頭痛は治まる事をお話して終了しました。

頭痛がまだ出るならば、メールでご相談下さいとしました。




頭痛が出た原因


だれでもですが、夫の実家に泊まるのは妻にとっては負担です。

Sさん、帰省前から繰り返し「辛い・嫌だという負の感情」を繰り返し考えられたようです。

その負のエネルギーが帰省とともに一気に吹き出て頭痛が発生したと予想されます。

その上に、歩けない頭痛は初めての体験で「不安心配という症状のストレス」が一気に大きくなったと思われます。

不安心配も負の感情ですので、頭痛の強さのボルテージが一気に上がったのでしょう。




改善メール


翌日、頭痛が治まったとのメール頂きました。


16-5-26b.jpg




頭痛外来・片頭痛外来・頭痛治療院・神奈川県・横浜市・相模原市・横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・大和市・厚木市・平塚市・鎌倉市







category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【首こり改善ブログ】首こりから慢性頭痛 京都市 

 

15-9-27.jpg





首のこりは10代から


京都の26歳女性Aさん、10代から首のコリがあり、就職してからは頭痛も起きました。

首のコリが強くなると、後頭部に慢性的に頭痛が出て来ます。

最近では、首のコリが背中~腰まで広がって来ています。




体にアプローチ


首のこり・後頭部の頭痛を起こしている「痛みのライン」を確認します。

首こりと後頭部頭痛は同じライン上に起きている症状です。

ラインに触れると強い痛みがありAさんにも認識して頂けました。

ラインの緊張痛みをしっかり取り除いて確認です。

Aさん「首~腰までのこりが取れて軽い感じです。」




その後の改善


合計5回受診頂いて、首は日常生活に支障ない程度まで改善。

肩~背中のコリはゼロに。頭痛も頻度が大きく減少しました。

5回目は初診から5ヶ月が経過していますが、改善は維持されています。

これで元の様な、つらい肩こり・頭痛に再び戻る事はないでしょう。

まもなく結婚して関東に転居されますので、改善が間に合って良かったです。




受診のアンケート


受診5回めに書いて下さいました。

ありがとうございました。

me15-9-27.jpg




首こり・肩こり・首痛・頚椎ヘルニア・ストレートネック・首肩コリ外来・首の治療・京都市・宇治市・亀岡市・長岡京市・向日市・八幡市・京田辺市









category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

〈緊張型頭痛改善日誌〉おでこ頭痛がつらい 

 

慢性頭痛15-05-16






集中できない慢性頭痛


滋賀県の42歳の男性Hさん、毎日一日中後頭部~おでこの緊張型頭痛に悩まされておられます。

常に、集中が出来ず・活字が読めない・考え事が出来ない状態です。

23歳仕事を初めて4年目辺りから起き始め、以来20年間症状を抱えたままの慢性頭痛です。

不眠も強く、最近はお酒を飲んでも寝れなくなり、心療内科の薬を服用されています。




体にアプローチ


おでこ頭痛と目の頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、周期的な過食と毎日のお酒による消化器官の疲労を軽減させます。

続いて、腹部のストレス系の緊張を緩和させて、首肩背中・肩関節の筋肉のこわばりを解除します。




改善状況


初回以降は、睡眠がましになり、頭痛は何か改善した感じになる。

2回目以降は、頭痛が50%に軽減、頭痛薬なしで済んだ。

3回目以降は、頭痛が30%に軽減、睡眠が良好になってきた。

4回目以降は、頭痛が20%に軽減、睡眠が長くなって体が軽くなった。

5回目以降は、日常に差し支えない程度になったので、つらい時はお越し下さいとしました。




Hさんの感想


「初診施術で頭痛がグッと減ったのが分かりました。その後は何か今までと違う感じになったんです。」

「3回目くらいから薬が必要でなくなって、睡眠が良く取れるようになりました。」

「20年ぶりにいつも曇っていた心が、晴れた感覚が続くようになったんです。」

「5回目以降は頭痛は10%ぐらいで、日常生活に支障がなくなりました。」

「慢性の頭痛がこんなにすっきりするとは思いませんでした。」




今後は


Hさんの頭痛は、20年間溜まりに溜まった疲労や緊張が起こしていたのです。

溜まった疲労や緊張は過去のものですので、取り切れば戻って来ることはありません。

この様な理由から、Hさんの頭痛は改善状態が続き、元の頭痛には戻れないのです。

長年抱えている頭痛の多くは、この様にして大いに改善して良い状態が続きます。









category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【慢性頭痛】満月でこめかみが腫れる頭痛 

 

満月頭痛15-01-22






天気頭痛と満月頭痛



京都市の46歳の主婦Kさん、小4から長年の慢性頭痛を抱えておられます。

2年前からは天気が悪くなると出る「天気頭痛」と満月になるとこめかみが腫れるほどの「満月頭痛」が起きます。

現在は週に4回の頭痛で、薬はあまり効かない状態です。




体にアプローチ


頭痛を起こしている「痛みのライン」を確認して、ラインの緊張を取り除いて行きます。

次に、消化器官の疲労を軽減して、腹部のストレス系の緊張を緩和させます。

続いて、肩首・背中・肩関節などの筋肉のこわばりを解除して行きます。




その後の改善


初回以降は、頭痛が少し軽い気がするという程度です。

2回目以降は、頭痛がましになってきたそうです。

3.4回目以降は(集中受診で2回)、一気に頭痛が20%に軽減しました。

5回目以降は、薬が要らない程度の頭痛になっています。

6回目、まだ頭痛はありますが日常に差し支えない程度になりましたので一旦様子見としました。

今後は頭痛が増えて来ればお越しくださいとしました。




少しの刺激であふれる


頭痛は、体に疲労や緊張が溜まって来ると慢性的に頻発するようになります。

同時に体の疲労や緊張が満タンになると、少しの外的刺激であふれて頭痛が出るようになります。

Kさんの場合は、気象での数十ミリバールの気圧の変化が刺激になって天気頭痛を生じていました。

また満月の時の月の引力の増大が刺激となって、満月頭痛を起こしていました。

普通の人には、何も起きないわずかな刺激で頭痛が出てしまうほど、体は張り詰めているわけです。


疲労あふれる2



慢性頭痛は改善しやすい


慢性的に頭痛のある方は、過去に溜まった疲労や緊張をたくさん蓄えている事になります。

過去に溜まった疲労や緊張は、取り除いてしまえば、元に戻って来ることはありません。

取り除いた分だけ、頭痛は改善していきます。

ですので、慢性頭痛の場合は回を重ねると軽減して、元のような頭痛には戻りにくのです。

この様な理由から、長年抱えている慢性頭痛は改善しやすい頭痛と認識しております。












category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【慢性頭痛】瞼が下がると頭痛がやって来る 

 

頭痛15-01-20






眼瞼下垂から頭痛になる


京都の34歳女性Tさん、高3からこめかみに痛みの出る慢性頭痛をお持ちです。

最近では右目の眼瞼下垂が起きると、それが引き金になってこめかみ~頭全体に頭痛が出て来ます。

週に1~2回の頭痛で鎮痛剤を飲むために、胃が荒れて不調を感じられています。




体にアプローチ


こめかみ頭痛と眼瞼下垂を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除きます。

次に、消化器官の疲労を軽減させて、腹部の緊張を緩和させます。

続いて、肩関節・首肩の筋肉のこわばりを解除します。

初診では頭痛はありませんでしたが、術後体の軽い感を感じて頂けました。




その後の改善


初回以降は、頭痛に変化はありませんが便秘が解消したそうです。

2回目以降は、右目瞼が下がって来なくなったそうです。

3回目以降は、頭痛が70%ほどに軽減しました。

4回目以降は、頭痛が40%ほどに軽減しています。

5回目以降は、頭痛が20%ほどに軽減しました。

6回目、頭痛のラインが大いに緩みましたので、一旦様子見としました。

ここまで3ヶ月かけて通院頂きましたが、症状は戻っていませんので、このまま良い状態が維持出来るでしょう。




あふれて起きる慢性頭痛


体の中に疲労や緊張が溜まると、それを体外に放出しているのが頭痛です。

頭痛の頻度が多い、寝込んでしまう・薬が効かない・何日も続く・吐き気を伴うという辛さがある場合は

過去の疲労緊張が、ご自身の体に満タン溜まってしまって起きているのです。

この状態ですと、天気の変化・梅雨や真夏のムシムシ感というわずかなストレスでも頭痛が起きて来ます。

慢性頭痛は、溜にたまった疲労と緊張があふれ出ている現象なのです。


疲労あふれる



慢性頭痛は大いに改善する


頭痛は、体の疲労と緊張が体外に放出されて起きています。

特に慢性頭痛は、何年間も疲労や緊張を溜め込んで慢性的にあふれ出ている症状です。

Tさんの頭痛も17年間溜めにためた疲労と緊張が常に溢れだして起きていました。

この様に過去に溜めた負荷は、取り除いてしまいますと戻って来ることはありません。

ですので、慢性的な頭痛は改善が進んで、元のような辛さに戻る事はないのです。

この様な理由から当院では慢性的な頭痛は大いに改善する症状であると考えています。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

眉間の痛みとコリ感 

 

眉間15-03-16






眉間が痛い


京都の32歳男性のNさん、1年前から眉間の痛みがひどくなったそうです。

眉間に痛みが無い時でも、常に眉間に強いコリ感があります。

デスクワークですが、仕事に集中できずイライラが増して辛い状態です。




眉間のラインを確認


眉間の痛みを出している「痛みのライン」を確認します。

眉間のラインを触りますと激痛があります。

痛みのラインは、炎症のラインですので、眉間でその炎症を痛みやコリとして感じているのです。

この場合は、痛みがある眉間には何も原因はありません。




体にアプローチ


眉間の痛みを出している「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、のど周りのこわばりを解除、胸骨のズレを微調整します。

続いて、腹部のストレス系の緊張を入念に軽減させます。




初診の改善感


初診では、眉間痛がありましたので改善状況を確認します。

Nさん「眉間痛くないですね。何か頭がすっきりしてます。」

初診で痛みコリがすっきり取れた場合は、後は回を重ねると改善が進んで行きます。




その後の改善


初回以降は眉間痛が1週間かけて徐々に元に戻ったそうです。

2回目以降、眉間痛は70%に軽減しました。3回目以降、眉間痛は40%に軽減しました。

4回目で眉間痛のラインが治まりましたのでここで一旦終了です。

再び眉間痛が出てくればお越しくださいとしました。




今後は


これで元のような、ひどい痛みコリは再び起きる事は無いでしょう。

何故ならば、Nさんの眉間痛の原因は今まで溜まった心身の疲労と緊張が原因でした。

過去の溜まった疲労や緊張は取り除くと、戻って来ることはありません。

この様な理由から、元の様なつらい症状に戻る事はないと判断出来ます。

それでも今の疲労や緊張が増えれば、たまに眉間痛として放出される事はありかもしれません。

その様な時には、メンテナンス受診をなさって下さい、再びすっきり感が戻って来ます。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

出産後から頭痛が毎日 

 

目奥鼻奥15-01-15






毎日の頭痛


37歳主婦のNさん、朝から眼の奥・鼻の奥の頭痛が毎日起きています。

側頭部に出る片頭痛の時は、痛みで寝込んでしまいます。

片頭痛の専用薬マクサルトで何とかしのいでいる感じです。

頭痛の出たのは18歳で、年2回ぐらいでしたが、1人目の出産後生理時の頭痛がひどくなり

2人目の妊娠中から毎日の頭痛になってしまったそうです。




体にアプローチ


眼の奥・鼻の奥・側頭部の頭痛を起こしている3本の「痛みのライン」の緊張を取り除きます。

次に、消化器官の疲労を軽減させて、腹部の緊張を緩和させます。

続いて、肩関節・上腕のこわばりを解除、最後に頭痛の原因部分に初回は軽くアプローチします。





初回の改善感


初診時、頭全体の重さと肩こりがありましたが、施術を終えての改善感を確かめます。

Nさん「頭がすっきり、重さが消えました。肩こりも軽い!肩甲骨のこりが少し残っています。」

初回は深追いせずに、この段階で終了です。




改善状況


初回以降は、朝からの頭痛は痛みが軽くなったそうです。

2回目以降は、毎日の頭痛薬が週3回ぐらいに軽減。

3回目以降は、頭痛が50%ぐらいのなったそうです。

4回目、頭痛のラインが大いに緩みましたので、この段階で一旦様子見です。

頭痛の頻度が増えてきたら、メンテナンス受診なさって下さいとしました。




今後は


Nさんの場合は、日々の疲労や緊張がある程度ありますので、頭痛がゼロにはなりません。

日常に差し支えない程度、寝込まない、薬がよく効くのであればOKです。

それでも元のような毎日の頭痛に戻ることはないでしょう。

ただ日々の疲労が溜まると頭痛が増える可能性はありますので

その時はたまのメンテナンス受診をされますと快適状態が維持出来ます。














category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

子宮筋腫と頭が攣る頭痛 

 

頭が攣る15-04-11






頭がつっている


主婦のWさん、頭頂がつる頭痛が出てひどい吐き気で激しく嘔吐するそうです。

軽く首に触れながら、頭痛を起こしている痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Wさんに確認です「頭のつり感は変わっていません。」




頭痛の原因部分


この場合は視点を変えて、再度体にアプローチします。

問診を重ねながら、原因部分を探して行きます。

体調の変化をお聞きするとWさん「最近子宮筋腫が大きくなって8センチもあります。」

どうも子宮筋腫が強い引張を起こしている可能性が大です。




大いに改善


痛みのラインを通して、子宮筋腫の緊張を取り除いて行きますとすぐに反応がありました。

Wさん「頭のつり感が減ってきました!」

繰り返し緊張を取りますと、やがて腹部の緊張が緩みきりました。

Wさんに確認です「頭頂のつりが消えました、頭すっきり首も楽です。助かりました。」 




腹部の緊張


子宮筋腫は、筋肉層にできた良性の腫瘍で、平滑筋の細胞が異常に増殖したものです。

医学的にもなぜ平滑筋が異常増殖するかは不明です。

当院的には、腹部に入ったストレス系の緊張が子宮筋腫を作り出すと考えています。

事実、子宮筋腫の緊張を取り除くと頭痛が治まったのですから、やはりそこに緊張がある事は確かです。




今後は


Wさんの場合は、日々のストレス系の緊張が徐々に腹部の子宮筋腫に溜まって行くようです。

今回緊張を取り除きましたので、当分はよろしい状態が続くと思われます。

緊張が溜まって来ると頭のつり感が出てくるようですので、つり感が出て来たらお越し下さいとしました。

2ヶ月に一度ぐらいのメンテをされれば、頭痛も出ずに筋腫の肥大も抑制出来ると思われます。









category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

脳が収縮する感覚の頭痛 

 

脳の収縮14-11-17





脳が収縮する


以前に頭痛で来られて良くなられたTさん、1年半振りに再来院頂きました。

2週間前から頭が締め付けられ、脳が収縮する辛さが出て来たそうです。

頭がボ~として集中力が出なくなるそうです。これも頭痛の部類に入ります。




体にアプローチ


頭の収縮感を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、消化器官の疲労が大きいので繰り返し軽減させます。

続いて鎖骨のズレを微調整、首肩・上腕の筋肉のこわばりを解除します。

体の緊張が大いに改善しましたので、Tさんに確認して頂きます。

「収縮感無くなりました。頭も目もすっきりしてます。」 




その後の改善


初回以降は症状が治まって楽になったそうです。

2ヶ月後に2回目、症状が少し出て来ての来院です。

再び2ヶ月後に3回目、症状が少し出て来ての来院です。

それから4ヶ月後、症状は落ち着いていますとのご連絡頂きました。

再び、症状が出てくるようでしたらお越しくださいとお返事しました。




強い内蔵疲労


Tさん、胃・肝臓・すい臓・食道に強い疲労がありました。

これらの消化器官に疲労が溜まると「痛みのライン」が出来てきて上半身に影響を及ぼします。

Tさんの場合は、痛みのラインの緊張を頭で感じていたのが脳の収縮感です。




疲労原因は?


疲労原因は、お酒と激辛物の常食常飲が溜まりに溜まって起きたようです。

食道・胃には、激辛ものの刺激とビールなどの冷飲料の冷えが強く入っていました。

肝臓・すい臓はアルコールの疲労が溜まっていました。

これらの疲労が一塊となって強い牽引力を生み出したようです。














category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

25年間のこめかみ頭痛が改善 

 

25年間こめかみ頭痛14-09-04





初回は肩こり・腰痛


滋賀からお越しのKさん、25年間こめかみ頭痛を抱えておられ最近特にひどいのでご来院頂きました。

初回は頭痛はなく、肩こりと腰痛がありますので改善させて行きます。

頭痛も肩こりも腰痛も同じ痛みのライン上に出ている痛みですので同時に改善が可能です。

軽く首に触れながら、肩こり・腰痛を起こしている痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Kさんに確認です「肩のコリがすっきり取れてます。腰痛も今は感じません。」 

この段階で初回終了です。




その後の改善


初回以降は、10日間空きましたが頭痛は出ていません。

2回目以降は、10日間空きましたが頭痛が出ていません。

3回目、頭痛はなく肩こり・腰痛も感じない程度ですのでこの段階で終了です。

これで長年のこめかみ頭痛・肩こり・腰痛もほぼ出なくなるでしょう。

もしも頭痛が出てくるようでしたら、メンテにお越しくださいとしました。




頭痛の原因は?


原因のひとつはKさんの長年のお菓子の常食による消化器官の疲労です。

甘い物は胃の疲労を産みます。お菓子に使われている植物油・マーガリンが肝臓疲労を産みます。

胃と肝臓の疲労が大きくなると、痛みのラインが出来てきて上半身に頭痛・肩こりを引き起こします。

2つ目は、腹部に入ったストレス系の緊張も痛みのラインをより強いものにしていました。




komekami2.jpg



頭痛が戻らない理由


頭痛は一度改善しますと、元のような頭痛には戻りません。

その理由は、過去の今まで溜まった疲労や緊張は取り除くと終わりだからです。

再び体に影響するまでには相当の月日が必要だからです。

この様な理由から、一度改善した症状は元に戻りにくいのです。

Kさんの場合も、元のような頭痛・肩こり・腰痛に戻る事はないでしょう。












category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【慢性頭痛】薬が効かない緊張型頭痛 

 

緊張頭痛14-08-22





初回は腰痛あり


Tさん中学から頭痛があって後頭部がずっしり重い緊張型頭痛が週2~3回起きています。

初回は頭痛はありませんが腰痛があります。

後頭部頭痛と腰痛は同じ痛みのライン上に起きていますので、別物ではありません。

首の部分で痛みのラインに軽く触れて、ラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Tさんに確認です「あ~腰痛くないです。」 この段階で初回終了です。




お菓子の疲労


Tさん胃と肝臓に消化器官の疲労が地層の様に溜まっています。

お聞きすると10代からお菓子好きで毎日欠かさず食べるそうです。

胃と肝臓に疲労が溜まると、上半身に頭痛・肩こり・首こり・眼精疲労などを引き起こします。

Tさんの頭痛には消化器官の疲労が大きく関与していました。


i-kan疲労原因



腹部の緊張


Tさん腹部にはストレス系の緊張がありました。

10代の両親との関係、就職して適応障害で退社その時のストレスの緊張がありました。

腹部にストレス系の緊張があるので、生理痛がひどくピルを服用されています。

これらの過去のストレス系の緊張も頭痛に関与していました。




その後の改善


毎回、内蔵に蓄積したお菓子の疲労を地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時に腹部に入っているストレス系の緊張を整体の療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降は、2~3日は良かったが徐々に元に戻った。

2回目以降は、頭痛の痛みが軽くなる。肩首が改善、腰痛は少しだけに。

3回目・4回目以降は、頭痛は10%ぐらいになる。腰痛なし。肩首は少し。

5回目頭痛のラインが緩みきったので、ここで終了としました。




元には戻らない


過去に溜まった疲労は取りきれば終わりで、その疲労は戻って来ることがありません。

ですので、症状は軽減して元のような頭痛に戻る事はありません。

Tさんの場合は、消化器官の疲労は今まで溜めた過去の疲労です。

ストレス系の緊張も過去形でしたので、腹部の緊張を取り除く事で解消できました。

過去の疲労や緊張が大幅に減ったので、元のような頭痛に戻らないでしょう。












category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

生理頭痛の改善 

 

頭痛W14-08-24b2





初回頭痛あり


主婦のAさん、生理の前後に左後頭部~耳の上辺りに吐き気を伴う片頭痛で寝込みます。

初回左に頭痛がありますので、頭痛のラインを確認してラインの緊張を取り除いて行きます。

軽く首に触れながら、頭痛を起こしている痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Aさんに確認です「頭痛無いです、頭がすっきりしました。」 この段階で初回終了です。




白米疲労


Aさん、胃と肝臓に消化器官の疲労が地層のように溜まっています。

お聞きすると、白ご飯が大好き、その上に揚げ物などの油物も多めに摂られています。

お茶碗1杯の白米で角砂糖11個分の糖質がありますので過食すると胃は疲労します。

揚げ物の過食で肝臓が疲労を溜めます。

胃と肝臓の疲労が、Aさんの頭痛に大きく関与していました。


生理頭痛ライン



10代の緊張


Aさん、下腹部にストレス系の緊張が強く入っています。

幼少期~10代にかけての家族とのストレスで腹部に緊張が入った様です。

下腹部の子宮卵巣に緊張があるので、生理頭痛が起きている様です。

10代の緊張がAさんの生理頭痛に関与していました。




その後の改善


毎回、消化器官の疲労を地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時に腹部に入っているストレス系の緊張を整体の療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降は、施術直後に2日間頭痛が出た。

2回目以降は、1ヶ月間空いて生理を迎えたが頭痛は出なかった。

3回目、頭痛のラインが緩みきったので次回の生理を待って頂くことにしました。

これ以降の生理で頭痛が出たならばお越しくださいとしました。

たぶんこれで生理の時の寝こむような頭痛は出なくなるでしょう。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【慢性頭痛】こめかみ片頭痛が15年前から 

 

頭痛W14-07-26





初回頭痛なし


主婦のMさん、29歳から頭痛が起きてそれ以来15年間変わらず頭痛が出ています。

初回は頭痛がありませんので、こめかみ頭痛のラインを確認します。

頭痛のラインを触ると、左右ともに激痛ですので、ラインが緩むかを診ていきます。

繰り返しラインの緊張を取り除きますと、やがて緩み切りました。

Mさんに確認です「ライン触っても痛みないです。」 

Mさんの場合は、改善に5回必要とお伝えして終了です。





お菓子の疲労


Mさん、毎日お菓子・スイーツが食べたくなります。

毎日欠かさず甘い物を食べる日々が長年続いています。

お菓子に含まれる糖質は、胃とすい臓に疲労をもたらします。

同時にお菓子に含まれるマーガリン・ショートニング系の油が肝臓に疲労をもたらします。

胃と肝臓に疲労が溜まると、頭痛・肩こり・眼精疲労・首痛などが起きてきます。


komekami2.jpg


腹部の緊張


Mさんの10代と20代にストレスを抱える次期がありました。

この時の緊張が腹部に強く残っていました。

腹部の緊張も、頭痛を強くする原因の一つでした。




その後の改善


初回以降は、頭痛が70%に軽減しました。

2回目以降は、あまり軽減感なしです。

3回目以降は、頭痛が40%に軽減しました。

4回目以降は、頭痛がまったく出なくなりました。

5回目は、最後の疲労緊張を取り除いて終了。

規定回数5回をきちんとクリアして頂きましたので、今後も頭痛はほぼ出ないでしょう。




無性がなくなった!


最後にMさん、「お菓子が最近あまりほしくなくなりました。」とおっしゃっていました。

体の中の疲労や緊張が減ると、「無性に食べたい飲みたい」が大いに減ります。

過食過飲が減りますので、消化器官の疲労も溜まらなくなります。

このW効果で、今後も快適状態が続くと予想できます。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【慢性頭痛】海外旅行までに頭痛が治りますか? 

 

頭痛M14-07-18






初回は腰痛


Kさん、就職してから頭痛が出るようになり週1~2回の片頭痛に悩まれてご来院頂きました。

長年の頭痛ですが、1か月後に初めての海外旅行があり、何とか頭痛出ずに済みたいとのご希望です。

初回は頭痛はありませんが、腰痛があります。

後頭部・首根の頭痛と腰痛は同じ痛みのライン上にありますので、同類の痛みです。

軽く首に触れながら、痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し取り除きますと、ラインの緊張はやがて緩み切りました。

Kさんに確認です「お~腰痛みないです。首触っていて腰の痛み取れるんですね。不思議!」

初回はここで終了です。




過食疲労あり


Kさん、胃と肝臓に消化器官の疲労が強く入っています。

お聞きすると、10代からガッツリ食べるタイプだそうです。

長年の過食で溜まった内臓疲労が、痛みのラインを作り出していました。

この痛みのライン上に、頭痛・肩こり・腰痛が痛みこりとして出ている感じです。

Ksan.jpg


腹部にも緊張あり


Kさん、腹部にストレス系の緊張が入っています。

10代・仕事上と過去にあったストレスが腹部に緊張として残っています。

この腹部の緊張も痛みのラインを刺激していました。




その後の改善


毎回、内蔵に蓄積した過食の疲労を地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時に腹部に入っているストレス系の緊張層を整体の療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降は、頭痛は出ているが腰痛が治まった。

2回目以降は、頭痛は出なくなり、腰痛が少し残っている。

3回目で痛みのラインが完全に緩みきりましたので、ここで終了です。

この状態で海外旅行を迎えて頂くことになります。




半年後


それから半年後、Kさんとお話する機会がありました。

Kさん「海外旅行中は一度も頭痛出ませんでした。その後も頭痛・腰痛なく毎日が快適です。」

大丈夫だったようです。

Kさんの疲労や緊張は、すべて過去に積もったものですので取りきれば終了です。

その様な理由から現状の快適さは、これからも続くでしょう。










category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

ヘルペス痛がピリピリ痛い 

 

ヘルペス痛15-01-13






ピリピリの痛み


主婦のMさん、年末にヘルペスが左おでこ・左目の上・左頭頂部に出たそうです。

病院で投薬治療を受けて発疹は治まったのですが、ピリピリの痛みが取れない状態です。

初回、ピリピリの痛みが断続して出ています。

軽く首に触れながら、左側にある痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り除きますと、やがてラインが緩み切りました。

Mさんに確認です「あ!痛みまったく感じません。押さえても痛みなしです。首もすっきりしました。」

単純な疲労の蓄積で起きていましたので、この1回で治まるでしょう。




ヘルペスとは


「ヘルペスウイルス」による感染症で、人間に感染するヘルペスウイルスは8種類が知られています。

日本人の70%~80%が感染しているメジャーなウイルスです。

体が弱ったり、疲労が溜まると表面に出て来て帯状疱疹を作り出します。

水疱だけではなくピリピリ・チクチクの痛みが出る場合があります。

これは体内の神経節でずっと眠っていたヘルペスウイルスが目を覚まし、暴れ始めることで起こります。




Mさんの症状


Mさんの場合は、左側に痛みのラインが通っていて左頭に強い緊張をもたらしていました。

緊張がもっと高まれば、左側の頭痛を起こすこともあります。

このライン上に傷ついた神経があったが為に、ウイルスは治まっても痛みが消えなかった様です。

左側の痛みのラインの緊張を取り除くと、痛みはス~と治まりました。

15-01-13 画像



原因は?


Mさんのヘルペス上を通っていたラインは、胃とすい臓のラインです。

胃・すい臓の疲労が大きくなってくると左側のラインが出来て、ライン上に不快症状が起きます。

Mさん年末から飲食が多く、特に甘い物をしっかり取っていたそうです。

甘い物・炭水化物は胃を疲労させます。

同時にインスリンを作るすい臓も疲労が増します。

この2つの消化器官の疲労が今回の痛みに大きく関与していました。

i-hirou-line1.jpg


お正月明けの内蔵疲労


お正月だれしも過食過飲ぎみになります。

それによって起きた消化器官の疲労は、体に痛み・こりとして感じる場合があります。

特に胃と肝臓に疲労が溜まると、肩首のこり・頭痛・眼精疲労・腕痛が出て来ます。

当院では消化器官の疲労を取り除く整体療法で不快症状の改善に努めております。









category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

高校2年生からずっと頭痛(岡山から) 

 

女性14-07-07






初回おでこに頭痛あり


岡山からお越しのEさん、月の半分は頭痛があり仕事にも差支えが出ておられます。

初回、おでこに頭痛があります。

首に軽く触れながらおでこ頭痛のラインの緊張を取り除いて行きます。

緊張を繰り返し取り除きますと、やがてラインが緩みました。

Eさんに確認です「おでこ頭痛は40%ぐらいになりました。」

すっきり取れませんでしたが深追いせずに初回はここで終了です。




昔の過食疲労


Eさん、過去にお菓子をひたすら食べていた時期があったそうです。

その時の疲労が、胃と肝臓・すい臓などの消化器官に地層の様に蓄積しています。

今は食事に気をつけていても、過去の疲労は記憶のように残っています。

消化器官の過去の疲労は、常に頭痛のラインに緊張を起こしています。




過去の緊張


Eさんの頭痛には、過去のストレスの緊張も大きく関与していました。

10年以上前の10代にあったストレスの様です。

ちょうどその頃、お菓子をひたすら食べていた時期だったそうです。

俗に云う「ストレス食い」というものです。

その時のストレスの緊張が下腹部に強く入っています。



その後の改善


毎回、消化器官に地層の様に溜まった過去のお菓子疲労を剥がすように取り除いて行きます。

同時に過去のストレスが起こす緊張層を整体の療法でひとつひとつ丁寧に取り除いて行きます。

初回・2回目と1日に2回受診されました。2回受診されれば何らかの改善が出てきます。

2回目以降2週間経過して、頭痛薬を飲まないで我慢できる程度に大幅軽減しました。

Eさん「頭痛自体はモヤモヤぐらいです。頭痛薬無しの生活初めてです。」

3回目は頭痛で我慢した様々な出来事が起こす緊張層を取り除くと痛みのラインが完全に緩みました。

たぶんこれで、元のようなひどい頭痛に戻る事はないでしょう。








category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: 0

△top