京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

あちこちが痛い 

 

20121002183355674.jpg



体のあちこちが痛い

自衛官のTさん、毎年この時期にお越しになって3年目になります。

滋賀県での年に一度の演習の為に、広島から部隊を率いてお越しです。

「今年は体中あちこち痛いのです。これでは演習が無理です、何とかなりますか。」

毎年の坐骨神経痛に、ひざ痛・左アキレス痛・肩首痛・右ひじ痛・目のかすみ・腹痛など

盛り沢山な症状、来院は今日だけ時間枠40分で何とか解消する必要があります。


改善開始

多くの症状ですが、分類すると3つのコリのライン上に起きています。

まずは、三つのコリのラインに一気にアプローチして約5分間痛みが20%ほど解消

続いて足首から内臓の冷えをターゲットにどんどん解除して行きます。

この段階で確認 Tさん「楽です。全部の症状が半分位になりました。」


残りを緻密に

残りは軽く首に触れて身体の中をサーチしながら緻密に緊張を解除して行きます。

痛みの部分の緊張が、徐々に解除されて弛んで行くのが感じれます。

最終確認、Tさん「あ~全ての痛みが無くなりました。」

演習中の症状への対策をご説明して終了としました。


痛みの原因は?

幹部昇進の為に3か月間出向しての缶詰の訓練辺りから痛みが出ています。

この訓練での強い緊張が、体の中にコリのラインを生み出しています。

その上に、訓練中の平日は禁酒、休みの土日は冷たいビールをしこたま摂取

その為に冷えが内臓にガツンと蓄積、内臓は委縮してコリのラインの

牽引をさらにアップして、いつもの坐骨神経痛以外に多くの痛みを出しています。


対策は?

まずは体を温めること。次に冷たい飲料をすべて常温にすること。

後は、広島にある刺激のない優しい整体院を紹介しておきました。

でも、この演習中は多分この1回の施術で体は持つでしょう。

Tさん、厳しい演習頑張ってください。




☆Tさんの昨年の症例ブログ☆









スポンサーサイト

category: 全身の症状

tb: 0   cm: 0

△top

節電反動冷え性 

 

20120904135710674.jpg





節電の反動で冷え性に

節電対策で暑さが増しその反動で、冷たい飲食を摂り過ぎ、内臓を冷やしてしまう

『節電反動冷え』と言われる新型の冷え性が増加しています。

新型冷え症のメカニズムは

節電をする→暑い→冷たい飲食物をたくさん摂ってしまう→内臓が冷える

その結果、夏の終わりになると疲労が取れない・肩こりがきつい・頭痛が起きる

むくみが取れない・不眠・眠りが浅い・お腹の不調・腰痛・目のくま・眼精疲労…など



扇風機も追加です!

もうひとつ、当院では節電冷えの原因に「扇風機」を追加しています。

冷房は使わずに、寝るときに扇風機を体に当てている方です。

直接風が当たれば、冷房よりも強く冷えが入る感じがしています。

下半身に当ててる方は腰痛・肩こり・倦怠感などの症状が強く出てきます。



節電冷えの対策は

節電で冷えが溜まってしまったと感じましたら

冷たい飲み物をすべて常温にしましょう。

その上で、38度ぐらいのぬるいお湯で半身浴をしっかり行う。

寝るときは、靴下+レッグウオーマー着用が有効です。


それでもつらい方は、当院にお越しください。改善が可能です。












category: 全身の症状

tb: 0   cm: 0

△top

不眠 (平安コンディショニング) 

 

KM.jpg
        Click Please





不眠を何とかしたい!



三重県からお越しのKさん、5年前から寝付けなくなりました。

4年前からは、睡眠導入剤のハルシオンとアルコールで何とか寝付ける状態に

ハルシオンはお酒と一緒に服用しますと効果がきつくなり

意識が酩酊しますので、同時服用は良くありません。

不眠を何とかしたいとということで同僚の紹介で来院されました。




不眠が起きる原因は?


なぜ不眠が起きるのでしょうか。

不眠は自律神経のアンバランスが限界に近づくと起きます。

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。

不眠は交感神経が優位になり、常に興奮状態となり、同時に

副交感神経が働けなくなり、リラックスできずに緊張が解除できなくなって起きます。

この状態の行きつく果てが精神疾患(うつ・そう・パニック…)です。

Kさんは、その一歩手前という感じです。




自律神経の不調の改善は


自律神経は筋肉・血管を支配していますので

自律神経の不調が起きますと、体幹の深層の筋肉に強い緊張が入ってきます。

この緊張を取り除いて行きますと自律神経はバランスを取り戻します。




強い刺激は厳禁!


体幹深層の緊張を解除するには大切な条件があります。

それは刺激は厳禁だということです。

強い緊張に刺激を入れますと、ますます悪化します。

ですので、揉んだり・叩いたり・押したりは厳禁です。

もちろん、機械や道具も適切ではありません。

無痛の手技が一番有効です。




大いに改善


Kさんも体幹の深部に強い緊張が感じれます。

まったく無痛、体への負荷は限りなくゼロの手技を使います。

初回大いに緊張が解除できました。

2回で劇的に不眠が解消しました。

その後も2カ月に1度くらいメンテにお越しですが快調です。


Kさんの場合は、緊張の原因が複雑ではありませんでした。

また気持ちが真っ直ぐな方で、素直に受け入れて下さいました。

その為に、劇的に改善したと思われます。

不眠の場合、通常はある程度回数が必要です。


改善から4か月経過して、改善の状態をお手紙で頂きました。
Kさんご丁寧にありがとうございました。




不眠を解消!平安コンディショニング










category: 全身の症状

tb: 0   cm: 0

△top

倦怠感 

 





全身痛いとこだらけ


1年半前に体の不定愁訴でお越しになったYさん

1カ月に1度1年間お越しになって大いに改善され

仕事にもぼちぼち行かれる様になっておられました。


そのYさん、半年ぶりに来院されました。

半年間快調だったそうですが、本格的に仕事に復帰してから

徐々に体にコリ痛みが出てきたそうです。

肩こり・腰痛・背中痛・ひじ痛・外反母趾がつらく全身がだるいとのこと。



痛みの原因は?


この様々な症状の原因はひとつです。

体幹深部の緊張です。

深部の緊張は、頭の先~指先~足先までつらなって存在します。

その緊張上に起きているのがこれらの症状です。


肩・背中・腰・ひじ・足先は触る必要はありません。

深部の緊張にアプローチしてを解放していきます。


徐々に緊張が解けていく感じです。

最初に、ひじと外反母趾の痛みが消えました。

続いて腰・背中が楽になりました。最後に肩こりが消えました。



やっぱり楽になる


Yさん「だるさも消えてる!ここへ来たらやっぱり楽になる。」

倦怠感も消えて体爽快になられたようです。

Yさんにはたまのメンテが必要なことをお伝えして終わりました。






全身の症状大いに改善!:平安コンディショニング









category: 全身の症状

tb: 0   cm: 0

△top