京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

奇跡の脳 

 

2012092609394623c.jpg





一冊の本

不眠が劇的に回復したKさんが「先生の施術と似通う点がありました」と

寄贈頂いた本「奇跡の脳」ジル・ボルト・テイラー著

一昨日NHKでジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」が放映されていました。

テイラーさんが、脳卒中で左脳が機能停止して右脳だけで思考した時の不可思議な

体験とやがて左脳が回復していく過程を克明に記載されています。


右脳と左脳

右脳左脳という分類にも、脳自体にも私自身はさして興味はありません。

理由は、脳は司令塔ではありますが心や記憶のある場所では

無いと考えているからです。しかしテイラーさんが体験した様に私たちの

体の中にはふたつの世界が広がってると思われます。


ふたつの世界

マイナスのエネルギーからなる世界とプラスのエネルギーを秘めた世界

-のエネルギーからなる世界が大きくなると心と体は疲弊していきます。

慢性的な痛みこりが出る様になり、内臓の疾患や精神的な不安定が生まれます。

+のエネルギーを秘めた世界は、私も含めて体験した事のない未知の世界です。

テイラーさんはその世界を垣間見たのではと想像しております。


扉を開いてみたい

当院の整体は-のエネルギーの世界の疲労緊張を取り除く施術と考えています。

-のエネルギーが減る事で、痛みこりが改善し精神的な安定が生まれます。

次に、+のエネルギーを秘めた世界の扉を少しでも開けれないかということです。

テイラーさんが垣間見た世界へ、自分も自分以外の人もいざなえないだろうか?

もしいざなう事ができれば人の痛み苦しみを根底から減らせる可能性があります。

それが今、理想としている整体です。

ただし、どうやってという手段は今は見当たりません。

でもやがて見つけられそうな気がします。

そしていつかその扉を開けられます様にと願っています。



ジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」の再放送は  9月30日深夜(10月1日)


不眠が劇的に回復したKさんの回復ブログ









スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

△top

漏斗胸と眉間頭痛 

 

2014032717261396c.jpg




漏斗胸の手術をしてから頭痛が出た

中1のAさん、1年前に漏斗胸(胸の真ん中のおなかとの境界あたりが

陥凹している症状)の手術をしてから眉間に頭痛が出る様になりました。

中学入学と共に、頭痛が毎日になり体のだるさ・腹痛などで登校できなくなりました。

頭痛薬は、体がだるくなるだけで効き目がないそうです。



手術との因果関係は?

手術と頭痛の因果関係は大いにあります。

胸の陥没部分を通るコリのラインに強い緊張があり、このライン上に眉間もあります。

漏斗胸の手術は、陥没した胸骨を金具で持ち上げて強制的に固定するのです。

胸骨はコリのラインの強い牽引で陥没していたのですから、無理に戻せば

コリのラインの牽引は別な部分に向かざるをえません。それが眉間の頭痛です。


改善の開始

眉間と胸骨を通っているコリのラインの緊張を取り除いていきます。

やがて緊張は減少して、初回あった眉間頭痛が治まりました。

2回目 少し改善しているとの事ですので、再度緊張を解除しました。

しかしその後、来られなくなりました。


再び頭痛が出てきた!

2回目以降、薬が効くようになり、やがて夏休みは頭痛が無くなったそうです。

ところが、2学期登校しようとすると再び毎日の頭痛が発生したそうです。

結果、登校はできず、振り出しに戻った感じです。

お母さん曰く「本人は、登校する気持ちがあるのになぜ?」


もう少しだったのに

施術を重ねて行きますと、頭痛は治まってきます。

しかし頭痛を起こしているコリのラインにはまだまだ緊張が残っているのです。

平均5回はお越し下さいとお願いしていますが、Aさん2回で中止されています。

頭痛が出なくなるという事は、体の緊張が限界ギリギリを少し下回ったという事です。

この段階では、登校という負荷で緊張は高まり、頭痛に到ってしまいます。

夏休みの間に5回来て頂ければ、何とかなったのに!残念です。


思春期は入念に根気よく

思春期に起きる症状には、自我の芽生えによる心の疲労が大量に入ってきます。

Aさんの場合は、生まれながらに胸が陥没するほどの負荷を抱えているのですから

思春期は何が起きてもおかしくない状態なのです。

体の負荷をとことん減らすという事をしていく必要があります。


もっと丁寧な説明を

Aさん2回の施術で負荷が減少して薬が効くようになり、やがて頭痛が止まりました。

ご両親は薬が効いて治ったと思われた様です。

薬は症状を押さえるだけで治ったのではありません。

今回の様に症状が再発するとそれがトラウマとなり、以前以上に手ごわくなります。

思春期の症状に対しては、しっかりと負荷を減らす必要性がある事を

もっともっと丁寧な説明を重ねて、ご両親のご理解を促すしかありません。
















category: 子供の頭痛・不快症状

tb: 0   cm: 0

△top

薬が効かない毎日の頭痛 

 

20120816093958812.jpg




薬が効かない毎日の頭痛

Kさん、3年前からこめかみ・首筋に頭痛が出る様になり

今年に入ってからは毎日の頭痛に悩まされています。

MRIの検査も受けるが異常はなく、薬は全く効かない状態です。



強い緊張がある

触診しますと、体の深部に強い緊張があり

多数の頭痛を起こしているコリのラインが確認できます。

深部の緊張を、ひとつひとつ解放していきます。

初回あった頭痛が大いに改善しました。


その後

その後8回お越しになって、頭痛はほぼ出なくなりました。

その後も、改善の促進のために月2回の施術を続けておいでです。


頭痛の原因は?

ここ5年間認知症の母親の介護をされておられました。

介護の負荷が徐々に体に蓄えられて頭痛に到っています。

今年には母親の癌が見つかり、益々頭痛が悪化したと思われます。

先日、残念ながらお母さんが亡くなられました。

これでKさんは、元の様な頭痛に戻る事はないでしょう。

今後は、5年間溜まり続けた緊張を取り除く施術を続ける事で

より良い状態が生まれるでしょう。












category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: 0

△top

半年ぶりの頭痛 

 

201403271731548fd.jpg




最初の来院も8月

1年前の8月におでこ頭痛で来られた小学生のYさん

4回お越しになって頭痛は治まり、半年後に再度1回来院。

それから半年後の8月に、またおでこ頭痛が出てきました。


8月は鬼門の月?

Yさんをパッと見ると、足がむくんでいます。

お母さんは、「最近この子太ったんです」。というよりは全体にむくんでいる感じです。

となると、夏暑い→冷房・冷飲料→「冷え」の蓄積→むくみ・頭痛、のパターンです。

Yさんにとっては、8月は要注意の様です。


改善開始

おでこ頭痛を起こしているコリのラインの緊張を「無痛の手法」で取り除いて行きます。

緊張は徐々に減り、やがて消えました。それと同時におでこの痛みが消えました。

後は、半身浴で体をしっかり温めれば大丈夫でしょう。


冷えは単なる引き金

夏の冷えは、Yさんの頭痛を起こす引き金にはなっています。

しかし、冷えがすべての原因ではありません。

Yさんが、5歳から頭痛を起こしているという事は、生まれた時に

すでに親から頭痛の種(体の負荷)をもらって生まれて来たと考えられます。

その上に「冷え」の負荷が加わり、さらににそろそろ始まって来た思春期の葛藤

上乗せされて体の負荷は高まり、ついに頭痛に至っていると思われます。



痛みやコリは、体の負荷と心の負荷と冷えが複雑に絡み合って起きているのです。



「コリのライン」ってなに?

「頭痛の種」ってなに?

「冷え」ってなに?












category: 子供の頭痛・不快症状

tb: 0   cm: 0

△top

突然毎日の頭痛 

 

20120910105629474.jpg




突然毎日の頭痛

Mさん、1週間前にあまりに暑いので保冷剤を首に当てていますと

突然、左の首~後頭部~耳後ろ~こめかみにかけての頭痛が起きました。

それ以来、毎日いつでもジンジンする痛みが出てきました。

首を動かすとましになりますが、デスクワークで痛みが増します。

針・マッサージと通いましたが改善する様子がありません。



改善開始

左の頭痛が出ている場所に、頭痛を起こすコリのラインが確認できます。

「無痛の手法」でラインに入っている緊張を取り除いて行きます。

やがて緊張が無くなると、初回あった頭痛が消えて行きました。

その後計4回お越しになり、頭痛はほぼ治まりました。


原因はなに?

Mさんの頭痛は、内臓の「冷え」が大元の原因でした。

夏の間は、冷房なしで就寝、その代わりに扇風機を体に当てておられます。

これが強い「冷え」を体に蓄積して、夏の終わりに一気に噴き出した感じです。


対策は!

扇風機を体に当てないようにして、半身浴をしっかりして頂きました。

後は根気よく体を温めていますと頭痛は完全に治まるでしょう。


水虫も改善します!

Mさん、足の爪に白癬菌が入っています。

人の皮膚は1兆個の常在菌と仲良く暮らしています。

白癬菌は皮膚の常在菌、それが皮膚や爪の中まで進出するのは体に負荷を抱えているからです。

冷えなどの体の負荷(蓄積された緊張や疲労)を取り除くと大いに改善します。

白癬菌に罪はありません。薬で水虫を撃退するという無益な殺生はやめましょう。










category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: 0

△top

背中痛 

 

20120910095406d87.jpg




背中が痛い

大学生のSさん、2週間前から背中に強い痛みが出る様になりました。

同時期から、肩こりもきつくなり勉強に集中できません。



改善開始?

腹部の強い緊張がコリのラインを作り出し、背中痛と肩こりを引き起こしています。

「無痛の手法」でコリのラインの緊張を取り除いて行きます。

最初に背中の痛みが消えて行きました。

続いて少しアプローチを変えて肩こりの緊張も解除できました。

Sさん「背中の痛みも肩のこりも無くなりました!」  ここで終了です。


原因はなに?

Sさんの背中痛は、内臓特に胃腸の夏冷えでした。

夏の間の冷飲料と水シャワー生活が招いたものです。

肩こりは、ある科目が追試となり単位を落とさないかと常に案じています。

この心の疲労が大量に、肩のコリラインに流入していました。



対策は!

冷え対策は、冷飲料を常温に。水シャワーをやめて半身浴に。

冷えが体に蓄積しますと、思考がネガティブになっていきます。

まだ決まっていない先の事を、心配したり不安になったりします。

体の痛み・こりと心の動きとは密接に関係しています。

体を温める事で、思考がポジティブになり肩こりも緩和して行くでしょう。














category: 肩甲骨・背中痛

tb: 0   cm: 0

△top

節電反動冷え性 

 

20120904135710674.jpg





節電の反動で冷え性に

節電対策で暑さが増しその反動で、冷たい飲食を摂り過ぎ、内臓を冷やしてしまう

『節電反動冷え』と言われる新型の冷え性が増加しています。

新型冷え症のメカニズムは

節電をする→暑い→冷たい飲食物をたくさん摂ってしまう→内臓が冷える

その結果、夏の終わりになると疲労が取れない・肩こりがきつい・頭痛が起きる

むくみが取れない・不眠・眠りが浅い・お腹の不調・腰痛・目のくま・眼精疲労…など



扇風機も追加です!

もうひとつ、当院では節電冷えの原因に「扇風機」を追加しています。

冷房は使わずに、寝るときに扇風機を体に当てている方です。

直接風が当たれば、冷房よりも強く冷えが入る感じがしています。

下半身に当ててる方は腰痛・肩こり・倦怠感などの症状が強く出てきます。



節電冷えの対策は

節電で冷えが溜まってしまったと感じましたら

冷たい飲み物をすべて常温にしましょう。

その上で、38度ぐらいのぬるいお湯で半身浴をしっかり行う。

寝るときは、靴下+レッグウオーマー着用が有効です。


それでもつらい方は、当院にお越しください。改善が可能です。












category: 全身の症状

tb: 0   cm: 0

△top