京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

強い疲労感を生むコリ 

 

20130211104802264.jpg





肩首のこりと強い疲労感


主婦のYさん、10ヶ月前から首・肩・肩甲骨に強いコリを感じる様になりました。


ドライアイもきつくなり、頻尿がひどくなったそうです。


体の強い疲労感で、介護への不安やつらさが増しておられます。




改善開始


初回、コリのラインを触診しながら確認して行きます。


同時にコリを起こしている原因部分をサーチします。


主に、消化器官系・排出器官系・筋膜系に疲労が蓄積しています。


無痛の手法」で疲労・緊張を取り除いて行きます。



その後


初回、目の奥痛・頭が重い・首が後屈しないなどの症状が大いに改善。


その後、回を重ねるたびに改善が進んで行きました。


週1で8回お越しになり、症状をあまり感じなくなられました。


その後も、メンテに定期的に来院されています。



消化器官の強い疲労


Yさん、消化器官に強い疲労がありました。


お聞きすると、なぜか無性に食べたくなる事が多くなり


日に4回の食事それも炭水化物が非常に多いとのこと。


施術の回を重ねながら、徐々に食事量を控えて頂きました。


すると、首・肩・肩甲骨のコリや体のだるさが大いに改善して行きました。



ストレスは過食を招く


先の見えない介護は、強いストレスを生み出します。


ストレスは自律神経のアンバランスを生み出し、何かに依存したくなります。


女性の場合、炭水化物・甘い物に依存する方が多いと感じます。


過食による消化器官の疲労の蓄積が、やがてコリのラインを作り出し


ライン上の体の部位に痛み・こりを生み出していたのです。



対策は


依存を無理に断ち切れば、さらなるストレスを生み出します。


まずは、体に蓄積された「疲労」を施術で取り除く事が先決です。


回を重ねて疲労が減ると、過食を控える事が可能になります。


体が楽になったYさん、イライラ・せわしさが治まり気分が落ち着かれたそうです。


確かに、お顔がすごく穏やかになられました。


たぶん、介護されている方のお顔も穏やかになられたのではと想像いたします。












スポンサーサイト

category: 肩こり・首痛

tb: 0   cm: 0

△top

発作的な片頭痛 

 

20140327171701749.jpg





中学生から片頭痛


八尾市からお越しのMさん、中学になってから発作的な頭痛が起きる様になりました。


目にチカチカが出ると、視界が悪くなりその後、片頭痛がやってきます。


頻度は徐々に増えて、今では月に2回吐き気で寝込みます。




改善開始


初回、触診して頭痛のラインを確認して行きます。


頭痛のラインを起こしている原因部分を同時にサーチしていきます。


主に消化器官系とストレス系に強く疲労・緊張が入っています。


無痛の手法」で疲労・緊張を取り除いて行きます。




その後


月2回の頭痛ですので2週間ごとに来院して頂きました。


初回以降頭痛は出なくなりましたが、眼精疲労・肩こりは


徐々に軽減して5回目には辛さが全て無くなりました。


触診しても頭痛のラインが消えていますので、ここで終了です。




頭痛の原因(その一


Mさんの頭痛の原因はふたつありました。


ひとつは、中学に入ってからの高校受験勉強のストレスです。


勉強頑張らなくては。なのに勉強が進まない!テストの成績が振るわない!


その様な「心の疲労」が徐々に筋肉やコラーゲン組織に疲労として蓄積


やがて痛みのラインを作り出し頭痛を引き起こしたのです。




頭痛の原因(その二)


二つ目の原因は、甘い物の過食です。


勉強のストレスで、甘い物が食べたくなるそうです。


糖分が胃に入ると「糖反射」とう胃の停止状態が起きます。


胃酸で糖分の濃度が下がるまで数十分~1時間近く胃は活動できなくなり


この状態が繰り返されますと、胃は強い疲労を蓄積します。


過剰な糖分は充分に消化出来ずに腸で腐敗を起こし腸も疲労を蓄積します。


この様な消化器官の疲労の蓄積も、痛みのラインを作り出し頭痛を引き起こす原因でした。




疲労を取り除くと


Mさんの場合は、ストレス疲労も消化器官の疲労も徐々に蓄積した物ですので


施術で疲労を取る速度が上回ったので、回を重ねると頭痛は軽減して行きました。


受験の疲労は如何ともし難いので、今後は甘い物を少し控えめにして頂ければ


元の様なきつい頭痛に戻る事はないでしょう。


頭もすっきりしたMさん受験勉強頑張ってほしいと思います。


しかし、受験の疲労は常に蓄積していきます。


少し危ないなと感じたら、頭痛が出る前にメンテにお越し下さい。












category: 子供の頭痛・不快症状

tb: 0   cm: 1

△top