京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

群発頭痛を集中改善(長野県から) 

 

群発14-07-04b





群発の集中改善コース


長野県からお越しのOさん、10年前から右目に2年周期の群発頭痛が出ています。

現在は群発期間なので、当院の群発集中改善コースで一気に改善を目指されました。

初回は頭痛は出ていませんが、群発頭痛のラインを触ると激痛です。

軽く首に触れながら頭痛のラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り除いて行きますと、やがてラインが緩み切りました。

Oさんラインが緩む感覚を実感して頂きました。同時に初回あった腰痛も取れたそうです。




ガッツリ過食系


群発頭痛は、大半のケースで過食過飲が関係しています。

Oさん、現場仕事もありますが昔からガッツリ食べています。

揚げ物系が多い為に肝臓・胆のうという消化器官に、疲労が2年間分溜まっています。

肝臓は右側の臓器ですので、右目の群発頭痛に大きく関与しています。

gun-line-migi2.jpg


仕事でのストレス


Oさん、下腹部にストレス系の強い緊張が存在しています。

お聞きすると仕事で10年間強いストレスがあったそうです。

この時の10年間の緊張がOさんの群発頭痛に大きく影響していました。



集中改善


群発集中改善コースは、1泊2日または2泊3日で一気に所定回数を受診頂きます。

Oさんの場合は計5回受診頂ければ、根本改善出来る事を初回お話しております。

毎回消化器官に溜まっている過食疲労を、地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時に10年間の仕事ストレスが起こしている緊張層を整体の療法で丁寧に取り除きます。

この様にして5回の受診を一気に終了致しました。




終了後は


1泊2日の集中改善の場合、現状の頭痛の出方がどの位減ったかは1~2週間見て頂く必要があります。

群発の原因である疲労や緊張を十分に取り除きましたので、次回は確実軽減感が出ます。

Oさんの場合は出なくなる可能性の方が大です。

それでもラインを通じてジワ~と出てくる感じがあれば、再度来院を頂きます。

まだ何か過去の疲労・緊張が残っている可能性があります。

再度過去の疲労・緊張探してを取り除くと、ジワ~と出てくる感じもなくなります。

この様にして当院はどこまでも群発頭痛が治まるまでサポートします。

Oさんは2年後に追跡サポートいたします。どの様に改善しているのかを診ていきます。







スポンサーサイト

category: 群発頭痛

tb: 0   cm: 0

△top

救急車で運ばれた突然の片頭痛 

 

救急搬送頭痛14-06-28







突然の激痛


京都市の42歳女性のOさん、1週間まえに後頭部のガンガン叩かれる頭痛で救急搬送されました。

病院で精密検査を受けましたが脳には異常が見つからないのに、頭痛が治まらない状態です。

ネットで当院を探されてご来院頂きました。




体にアプローチ


初診時に後頭部の頭痛がありますので改善させて行きます。

後頭部頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、消化器官の疲労を軽減して腹部の緊張を緩和させます。

続いて、肩関節・上腕・肩甲骨のこわばりを解除します。

頭痛のラインの緊張が取れましたので、改善感を確認して頂きます。

Oさん「後頭部痛みないです。頭がすっきりしました。」  この段階で初回終了です。




その後の改善


初回以降3日間は楽でしたが頭痛は元に戻りました。 

2回目以降は頭痛は30%に激減し、相当に楽になったそうです。

3回目以降は頭痛の状態は平行線です。

4回目以降は頭痛はほぼゼロになりました。

5回目頭痛のラインが消えたのでここで終了です。




その後のOさん


Oさんに紹介された方が来院されて、その後のOさんの様子を伝えて頂きました。

Oさん、頭痛改善後に体重が6Kg軽減したそうです。

体重が相当にオーバー気味でしたので、適正体重になられたと思われます。

その後は、頭痛も無く快適に過されているとお聞きしました。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

1年間改善しない五十肩 

 

五十肩14-06-24





初回右肩が上がらない


定年8年目のMさん、1年前から右肩が上がらなくなり五十肩との診断です。

整形のリハビリ・マッサージ・あんまと通いましたが改善なく、ネットで当院を見つけてご来院頂きました。

初回、右肩が上がらない・左肩こり・腰痛とあります。

軽く首に触れながら、体の痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し強い緊張を取り除いて行きますと、徐々に緩和してやがてラインは緩み切りました。

Mさんに確認です「お~右腕上がりますね。肩こりと腰痛は消えてます。」

初回、右肩の痛みは20%残りました。肩こり・腰痛はすっきり取りきれました。




過去の過食疲労


Mさん長年ガッツリ食べる食習慣があったそうです。

しかし、最近あまり食べれなくなってきたとの事です。

胃と肝臓に消化器官の疲労が地層のように蓄積しています。

胃と肝臓に疲労が入ると、上半身に様々な症状が出てきます。

右肩の痛み・肩こりは大いに、内臓疲労が関与しています。

胃と肝臓に疲労が満タンになったので、最近食べれなくなったのかもしれません。

M-Line1.jpg


腹部の緊張


Mさん、腹部にストレス系の緊張が案外強く入っていました。

定年後に日々の生活にストレスがあったそうです、どうもその時の緊張だと思われます。

この腹部に入った緊張も五十肩に大きく関与していました。




その後の改善


毎回、胃と肝臓に入った消化器官の疲労を、地層を剥がす様に取り除いて行きます。

同時に過去のストレスが起こしている緊張層を整体療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降、右肩の痛みが20%に軽減。肩こりと腰痛は感じなくなったそうです。

Mさん「なんかびっくりするほど、痛みが減りました。」 

2回目 右肩の痛みもほぼ取りきれましたので、辛さが再び出て来たらお越しくださいにしました。

たぶんこれで元のような痛みに戻ることはないでしょう。

可動域に関しては現状多少違和感がありますが、これは日にち薬で消えて行きます。




ストレスを抜け出た辺り


五十肩は、長く続いたストレスから抜け出た辺りから出てくるケースが多いのです。

Mさんの場合もちょうど1年前辺りから定年後のストレスが緩和したそうです。

Mさんが抱えていた疲労や緊張は、すべて過去形でしたので取り除きますと終わりです。

ですので五十肩の強い痛みが再び出て来ることはありません。

五十肩は肩関節に炎症が起きて、関節の粘膜が癒着する事で肩が動かなくなります。

肩の可動域の不自由は、炎症が治まると癒着部分が徐々に体に吸収されて元の可動域に戻ります。

Mさんの少し残っている癒着の違和感は日にち薬で改善して、元の自由な可動域の肩にやがて戻ります。








category: 肩痛・五十肩

tb: 0   cm: --

△top

30歳から増えた片頭痛 

 

女性:14-07-03






初回首がすっきり


大阪からお越しの主婦のIさん、30歳すぎから頭痛が増えて月4回の片頭痛です。

薬が段々と効かなくなり、ズキンズキンの痛みで寝込んでしまいます。

初回は頭痛がありませんが、頭痛のラインを触ると強い痛みがあります。

頭痛のラインは首を通過していますので、首にもこりを感じておられます。

首に軽く触れながら、ラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返しラインの緊張をとり続けますと、やがて緩み切りました。

Iさんに確認です「あ~首がすっきりしました」 ここで初回終了です。




過食の疲労


Iさん、甘いお菓子が大好きです。糖類は胃に疲労を起こします。

同時にお菓子には植物油が多く入っていますので肝臓に疲労が溜まります。

胃と肝臓に疲労が入ると、上半身に頭痛・眼精疲労・肩首のこりを起こします。

Iさんも胃と肝臓に地層の様に、お菓子の疲労が蓄積しています。

i-kan-hirou-genin1.jpg


無性に食べたい


Iさん、しばしば無性にお菓子が食べたくなります。

お菓子は依存性食品ですので、無性に食べたいを起こしているのは「心の疲労」です。

心の疲労とはストレスの緊張が起こしている疲労です。

Iさんの腹部にストレス系の緊張が強く入っています。

10代のストレス、結婚してからのストレスなどが積み重なって緊張層を作り出しています。

これらの心の疲労も頭痛に大きく関与していました。




その後の改善


毎回、胃と肝臓に入った消化器官の疲労を、地層を剥がす様に取り除いて行きます。

同時に過去のストレスが起こしている緊張層を整体療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降は、頭痛には改善感なしです。 2回目以降は頭痛の出方が軽くなって来たそうです。

3回目は受診が1ヶ月空きましたが頭痛は元の状態に戻らず、薬がよく効いて寝込まなくなったそうです。

4回目頭痛は40%ぐらいに軽減したそうです。 5回目ここで最後の緊張が取れたので終了としました。

Iさんの場合は、頭痛がゼロにはなりませんが。

薬が効かない・寝込んでしまうという状況に戻る事はありません。




なぜ頭痛がゼロにならないのか


当院は大人の頭痛の改善率は95%ほどあります。

95%改善の中には、5回受けても2割・3割頭痛が残る方があります。

しかし、2割・3割から元の状態に戻らず、軽減した状態がキープ出来ていれば改善としております。

その残った2割・3割は今の緊張(現在進行形のストレスの緊張)が常にあるからです。

緊張や疲労が溜まれば、体は外へ放出しようとします、それが痛みやこりとも言えます。

Iさんの場合は、放出先が頭痛だという事です。それが残った2.3割の頭痛なのです。

この部分の頭痛は、薬が効いて寝込まない状態ならば良しとして受け入れる必要があります。

もちろん再び頭痛が増すならば、施術で溜まった疲労を取り除くと良好状態に戻せます。

Iさんの場合は、たまのメンテが必要かもしれません。








category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

肩首のこりから頭痛 

 

肩首:14-10-06a





初回肩首のこりあり


初回は頭痛は無く、左肩首が辛く・腰に痛みがあります。

まずは首に軽く触れながら、肩こりのラインの疲労にアプローチして行きます。

ラインは左が強く緊張しています。繰り返し緊張を取り除きますと、やがて緩み切りました。

Sさんに確認です「あ~肩軽いです。首も腰も痛くない。」 ここで初回終了です。




胃・すい臓に疲労あり


Sさん、胃とすい臓に強い疲労が地層の様に積み重なっています。

お聞きすると、仕事が遅いので夕飯はお菓子とビール生活だそうです。

お菓子は、胃・すい臓に疲労を溜めます。アルコールはすい臓に疲労を溜めます。

胃とすい臓は体の左側にある臓器ですので、左に痛みこりを強く感じておられるのでしょう。

i-hirou-line1.jpg


心の疲労もあり


甘い物・アルコールは依存性食品ですので、その裏に「心の疲労」が関与しています。

心の疲労とはストレスが起こす緊張の疲労です。

Sさん、10代・仕事上などで重なった心の疲労の緊張が、腹部に入っていました。

この緊張も肩首のコリのラインの辛さを強くしている一因でした。





その後の改善


毎回、胃・すい臓の疲労を繰り返し地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時にストレスが起こした緊張層を整体療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降肩首のこりが半減しました。 2回目以降腰痛も半減しました。

3回目以降は肩首が30%になりました。 少し期間が空いて翌年になって再度続きとなりました。

その後月1回で4回お越しになって、頭痛は無くなり、肩首のラインも消えました。

これで当分は快調が続くでしょう。




すっきりはキープ出来ます


回数はやや掛かりましたが、肩首のこりはほぼ治まり、頭痛は無くなりました。

無性にお菓子やお酒がほしい感覚が治まり、食事にも気を使う様になられたそうです。

この様に我慢の緊張が無くなると、過食過飲の習慣が緩和して消化器官の疲労が溜まらなくなります。

自然に体に負荷をかけない生活ができるので、こりや頭痛は治まります。

ただし、生きている限りストレスのない人はいませんので、何かに依存して解消しようとします。

それがお菓子であったり、過食であったり、お酒であったりします。

依存する事で、人はストレスを発散していると思われます。

しかし、依存する事で消化器官には疲労が溜まり限界を越えると不快症状が出て来ます。

この様な場合はメンテにたまに来られると良い状態がキープできます。









category: 肩こり・首痛

tb: 0   cm: --

△top