京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

群発期に頭痛が出なくなった 

 

群発13-01-21







高校から群発頭痛


大阪在住の32歳男性のAさん、高校1年生の時から群発頭痛が発症、右目奥・右こめかみが激しい痛みに襲われます。

高校生の時は、バラバラと出ていましたが、仕事を初めてからは周期が半年で群発期が1~2ヶ月です。

予防薬を飲んでからは、毎日の痛みが週1になりましたが、激しい激痛は変わらず、仕事が手につかなくなります。




体にアプローチ


右目群発頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いていきます。

次に、Aさん大食漢ですので消化器官の疲労が強くありますので軽減させます。

続いて腹部のストレス系の緊張を緩和させて、最後に痛みによる筋肉のこわばりを解除します。






2013年の群発期


Aさんの群発期は1月・6月の年2回で各1ヶ月間頭痛が出て来ます。

2013年(初診)の前半の群発期に3回受診で群発期が終了、この時の改善感は不明でした。

2013年後半の群発期、群発頭痛がドカンと出て来て受診されました。

しかし初回以降は頭痛が大幅軽減して3回受診で終了、その後2ヶ月遅れで普通の頭痛が出て2回受診されました。




2014年の群発期


2014年前半の群発期、右目に違和感が出て来たので2回受診されて治まりました。

その後2ヶ月遅れで強さが30%ぐらいの群発頭痛出て来て2回受診されて治まりました。

2014年後半の群発期、今まで出たことのない左目に強めに頭痛が出て、2回受診されて治まりました。




2015年の群発期


2015年前半の群発期、左首の張りと弱い右目の頭痛が出て来たので、4回受診されて治まりました。

2015年後半の群発期、左首の張りで2回受診、今回は頭痛が出る様子は全くなかったそうです。

すでに群発期には頭痛は出ていない状況になっていますが、これで次回の群発期を診ていきます。




群発はやがて無くなる


Aさん3年賭けて群発期ごとに合計20回の受診をして頂けました。

受診では、群発頭痛の原因部分をひたすら減らして行きます。

群発頭痛の方は、原因部分が普通の頭痛の数倍~数十倍大きいという感じです。

ですので、普通の頭痛ならば平均5回で大いに改善しますが、群発頭痛の方は回数がかかります。

それでも回を重ねれば、原因部分が徐々に減って頭痛は減少して行きます。

根気よく受診を続ければAさんと同様に、群発頭痛はやがて出なくなります。




群発が治るとは


群発頭痛が治るという定義は、群発期が無くなる事です。

群発期が無くなるとは、群発期に何も起きなくなることです。

群発期に群発頭痛・普通の頭痛・首肩のこり・眼精疲労・目の違和感などが集中的に起きなくなることです。

群発期が無くなり、散発的な普通の頭痛や散発的な肩首のこりに移行する場合もあります。

群発期が無くなってしまった状態が、群発頭痛が治ったという状態と考えています。

Aさんも、再度次回の群発期の状態を診ていきます。





【群発頭痛専科・・・群発頭痛を大幅改善出来る頭痛外来 >>> ☆ Click ☆ 】








スポンサーサイト

category: 群発頭痛

tb: 0   cm: 0

△top

両手の湿疹で眠れない 

 

両手の湿疹10-06-26






痒くて寝れない


2年ぶりに来院された35歳女性のNさん、両手の湿疹がひどく痒みで夜が寝られません。

仕事を変えてから突然湿疹が出て来て、処方のステロイド系の薬もあまり効果なしです。

手を使う仕事ですので、日々のお仕事にも差支えがあります。

最近では、手だけではなく体全体にも湿疹が出て来ているそうです。




体にアプローチ


触診しますと体中に強い緊張があり多数の「痛みのライン」が反応しますので、その緊張を取り除いて行きます。

次に、腹部にこわばりを作る出しているストレス系の緊張を軽減させます。

続いて、手先は消化器官の疲労とリンクしていますので、しっかりと疲労を緩和させます。




改善状況


初回以降、1週間で体の湿疹はほとんどひいて、手先の湿疹も赤身が消えて寝れない激しい痒みが治まったそうです。

2回目、まだストレス系のこわばりが少し残ってはいますが、湿疹はほぼ治まると予測されます。

まだ辛さが出るようでしたらお越しくださいとしましたが、元のようなひどい痒みはもう出ないでしょう。

薬が有効になっていますので、今しばらくは使って頂くのが良いかと思われます。




皮膚の症状


Nさんの場合は、転職後に急に皮膚に症状が出ていますのでストレス系と診断しました。

ストレス系の緊張は、ストレス環境を抜け出た辺りから吹き出て来ます。

Nさん、前のお仕事で多忙なストレス環境がありました。

そのストレス系の緊張がメインで皮膚症状を起こしていましたので、緊張を緩和させると劇的に改善しました。

通常の慢性の皮膚疾患は、食べ物や腸内環境なども影響しますので、この例の様には行きません。

それでも多くの皮膚疾患にストレス系の緊張が関わっている場合が多いので、緊張を緩和させると改善感が出て来ます。









category: 皮膚の症状

tb: 0   cm: --

△top

初めて群発頭痛が発症 

 

初めての群発15-04-30






初めて群発頭痛が発症


大阪市からお越しの31歳の男性Kさん、1週間前から左目奥に激痛が起き始めました。

病院での精密検査の結果は異常がなく。群発頭痛との診断がされたそうです。

薬は効くそうですが、激痛は毎日起きています。




体にアプローチ


群発頭痛を起こしている「痛みのライン」を確認して、ラインの緊張を取り除きます。

次に、お酒による消化器官の疲労を軽減、腹部のストレス系の緊張を緩和させます。

続いて肩首肩甲骨のこわばりを解除します。

初回頭痛がありましたので改善感を確認します。

Kさん「頭すっきりしてます。振っても痛くありません。肩こりも軽くなっています。」




その後の改善


初回以降も、頭痛は毎日出ています。薬もやや効きにくい状態です。

2.3回目(集中受診)以降は、痛みのレベルが50%に軽減しました。

4回目以降は、頭痛の出方がまばらになり、薬飲まなくても良い程度になりました。

5回目、日常生活に大きな支障なしですので今回の群発期はここで終了です。




初めての群発期


初めての群発期の場合は、頭痛の出てくる周期・群発期の期間がまだ明らかではありません。

ですので、次回の群発期を待つ必要があります。

それでも、今期の群発期に5回の受診で頭痛に軽減感が出ていますので

次回の群発期も軽減感が出て来ます。

今期の受診前の痛み・頻度を基準にして、次回の群発期の痛み・頻度を比較して行きます。





次回の群発期に改善感が出た


Kさん次回の群発期にも改善感が出ました。

Kさんの次回の群発期>>>Click








category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

群発期以外でも改善感 

 

薬飲めない14-12-22






群発期以外での受診


神奈川県横浜市の44歳の主婦のMさん、20歳から群発頭痛が発症して左目奥の激痛に苦しんでおられます。

今回は1年後の群発期に備えて、群発期以外での受診を希望されました。

群発頭痛の方は、基本的に群発期以外は健常者のため受診される方が少ない傾向にあります。

Mさんに群発期以外の受診でいかに改善感を感じて頂けるか試みました。




体にアプローチ


群発期でなくとも左目に群発頭痛を起こしている「痛みのライン」は常に存在しています。

Mさんの群発頭痛のラインを触ると強い痛みがありますので、その緊張を取り除きます。

次に消化器官特に胃とすい臓に強い疲労がありますので、軽減させます。

続いて、腹部のストレス系の緊張を繰り返し緩和させます。

今回は集中受診で日帰りで2回受けて帰られました。




改善感を発見!


Mさんは自分の体をよく観察されていて、群発期以外でも目の違和感をたびたび感じておられます。

・生理の時に、眼の奥がドクドクする感覚がある。

・目のウルウル感・乾き感がある。

・目に膜が張った様な、結膜炎の様な症状が出る時がある。

受診後は、生理時のドクドク感が大いに改善したそうです。

改善感を体感されたので、再受信を検討されました。




2回目の集中受診


6ヶ月後に1泊2日で集中受診4回受けられました。

この時は、目のウルウル感・膜が張ったような感覚があり目がうっとおしい眼精疲労があります。

受診後「すごい目がすっきりしてます。ウルウル感や眼精疲労を全く感じません。気持ちいい!」

この集中受診で、群発頭痛の原因部分を再びしっかり減らしました。

これで半年後の群発期を待ちます。




メールサポート


群発頭痛の方には、メールサポートを希望で実施しております。

受診後、次回の群発期に出てきた症状を知らせて頂いて、適確なサポートをします。

再度受診をすべきか、そのまま次回の群発期を待つのかという判断などです。

次回の群発期に同様にドカンと来ても、良く観察すると出る回数が軽減していたり

効かなかった薬を試すと、よく効いたりなど、サポートで気づいて頂ける場合もあります。




群発期以外の症状観察


群発頭痛のラインは、群発期以外でも常に目・頭・首肩・奥歯・鼻奥などに負荷をかけています。

ですので良く観察頂くと、ライン上に不快感を感じて頂ける場合があります。

眼精疲労・目の充血・寝違い・肩首のこり・奥歯痛・鼻奥痛などです。

受診後、それらの症状の軽減感を感じれるかも観察してみると分かりやすいかもしれません。



群発ライン上の症状














category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

群発期が2年間 

 

群発期が2年15






2年間の群発期


大阪市在住の41歳男性のHさん、4年前に群発頭痛が発症、今回も2年空いて群発期が始まりました。

群発期は2年間と長く、頭痛が出るのは飲酒・入浴中・睡眠中・寝起きに限られています。

飲酒ではのたうち回る激痛が右目に起きて、イミグランの点鼻が何とか効く感じです。

お仕事上、接待も多く2年間飲酒なしの生活が難しいそうで、辛さ覚悟で飲まれる時もあるそうです。




体にアプローチ


初診右目に痛みがありますので、改善して行きます。

右目群発頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、消化器官特にHさんの場合は、お酒の疲労が強く入っていますので軽減していきます。

続いて、腹部のストレス系の緊張を繰り返し緩和させます。

Hさん「右目痛みが楽になってます。」  初回何とか痛みが治まった様です。




受診8回


その後2ヶ月かけて8回の受診を頂きました。

受診の回を重ねると、飲酒で頭痛がきつくでない、薬が良く効くようになった、就寝中の頭痛がなくなったなど

群発期の頭痛に色々な軽減感が出て来て、日々の辛さが相当に減りました。

この段階で一旦様子見として、群発期はまだまだ続きますので辛くなればお越しくださいとしました。




それから2ヶ月後


最後の受診から2ヶ月後にHさんからメールを頂きました。


「最後の施術後、3週間くらいは頭痛が続いていたましたが、そこから一ヶ月、全く起きなくなりました。

曇天時はおろか、飲酒時もいまのところ大丈夫です。

通常時からして、なんだか頭のくすぐったさのようなものがとれた「治った感じ」がしたので、

お酒を2~3間週前から解禁にしてみたのでしすが、群発頭痛は出ていません。

まだ様子を見てみますが、ひとまずの御礼を申し上げます。有難うございました。」


まだ群発期は1年半残っていますので、良い感じに治まってくれています。

この段階で、日々の飲酒量を少し軽減しておかれると、今期の群発期がより安全になります。

これで、次回の群発期を迎えてどうなるかを診ていきます。

今回8回の受診を頂いていますので、次回4年後の群発期は改善感が出て来るでしょう。












category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

出産後から頭痛が毎日 

 

目奥鼻奥15-01-15






毎日の頭痛


37歳主婦のNさん、朝から眼の奥・鼻の奥の頭痛が毎日起きています。

側頭部に出る片頭痛の時は、痛みで寝込んでしまいます。

片頭痛の専用薬マクサルトで何とかしのいでいる感じです。

頭痛の出たのは18歳で、年2回ぐらいでしたが、1人目の出産後生理時の頭痛がひどくなり

2人目の妊娠中から毎日の頭痛になってしまったそうです。




体にアプローチ


眼の奥・鼻の奥・側頭部の頭痛を起こしている3本の「痛みのライン」の緊張を取り除きます。

次に、消化器官の疲労を軽減させて、腹部の緊張を緩和させます。

続いて、肩関節・上腕のこわばりを解除、最後に頭痛の原因部分に初回は軽くアプローチします。





初回の改善感


初診時、頭全体の重さと肩こりがありましたが、施術を終えての改善感を確かめます。

Nさん「頭がすっきり、重さが消えました。肩こりも軽い!肩甲骨のこりが少し残っています。」

初回は深追いせずに、この段階で終了です。




改善状況


初回以降は、朝からの頭痛は痛みが軽くなったそうです。

2回目以降は、毎日の頭痛薬が週3回ぐらいに軽減。

3回目以降は、頭痛が50%ぐらいのなったそうです。

4回目、頭痛のラインが大いに緩みましたので、この段階で一旦様子見です。

頭痛の頻度が増えてきたら、メンテナンス受診なさって下さいとしました。




今後は


Nさんの場合は、日々の疲労や緊張がある程度ありますので、頭痛がゼロにはなりません。

日常に差し支えない程度、寝込まない、薬がよく効くのであればOKです。

それでも元のような毎日の頭痛に戻ることはないでしょう。

ただ日々の疲労が溜まると頭痛が増える可能性はありますので

その時はたまのメンテナンス受診をされますと快適状態が維持出来ます。














category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

群発期の激痛が改善 

 

群発期の激痛が15-04-30






18歳から群発頭痛


大阪在住の40歳男性Tさん、4月初旬から群発期が始まり右目・右おでこに毎日激痛が起きています。

専用薬のアマージで何とか痛みを散らしながら日々のお仕事をされています。

18歳高校生に発症して、それから3年周期で3ヶ月間の群発期がやって来ます。




体にアプローチ


初診、右目・右おでこに強い痛みがありますので、まずは痛みを治めて行きます。

右目・右おでこの頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

緊張は取っても取ってもその奥から痛みが吹き出して来る感じです。

群発期の初期の頃は特に激しく痛みが吹き出て来ますので、ひたすら痛みの緊張をとり続けます。




初回の改善感


30分ほど施術を続けて、やっと痛みのラインの緊張が緩んで来ました。

Tさんに確認です「痛みがだいぶましになりました。今は違和感程度です。」

初回は何とか痛みを治める事が出来ました。




改善状況


初回・2回目以降は、群発の出方に改善感は出ていません。

3回目以降、痛みの出方が一気に50%ぐらいに軽減、薬が良く効くようになりました。

4回目以降は、眼の奥の痛みが出なくなり、おでこの頭痛のみになりました。

5・6回目以降は、おでこの表面だけの痛みに変化、激痛は起きていません。

7回目以降は、右の違和感程度になり日常生活に差し支えがなくなりました。

Tさん「まだ群発期の真っ最中で激しい痛みがあるはずなのに、すごく楽になりました。」

「1ヶ月間かけて通ってますが、痛みは徐々に減って元には戻っていないので安堵しています。」




群発の原因部分


群発期は、吹き出てくる痛みをまずは毎回取り除きます。

同時に群発の原因部分である強い緊張を減らして行く療法を行います。

この原因部分の緊張を減らして行くと、群発期の痛みは次第に緩和していきます。

この療法で、群発の原因部分がどの位まだ残っているかもチェック出来ます。




Tさんの場合


Tさんは1ヶ月間に8回の受診で、群発期の痛みが違和感程度になっています。

しかし、チェック法を使うとと原因部分がまだ反応します。

次回の群発期をより楽にするためには、もう少し減らしておいた方がベターです。

Tさんは群発期がまだ1ヶ月残っているので、もう少し続けて来院されるそうです。




次回の群発期


群発の原因部分をしっかりと減らしておきますと、次回の群発期が楽になります。

群発期の痛みの軽減・頭痛頻度の軽減・薬が良く効く・群発期の短縮・群発期の先延ばし…などです。

次回の群発期で再度サポート受診を受けられますと次々回はさらに軽減します。

どの段階で群発頭痛が治まるかは個人差がありますが、平均2~3回の群発期です。

その意味では根気よく群発頭痛に臨む必要があります。











category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

群発期の出方が楽になった 

 

高校から群発14-07-08






左右の眼に出る群発頭痛


29歳の男性Sさん、高校生の時から群発頭痛が始まり、周期は半年~1年で1ヶ月間激痛が来ます。

左眼に痛みが多発、右眼は頻度は少ないが痛みが強く出て、専用薬は効かない状態です。

痛みが出た時は、ひたすら耐えるしか方法がないそうです。




体にアプローチ


左右の眼に群発頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除きます。

次に、消化器官の疲労が強く入っていますので繰り返し軽減します。

続いて、腹部に入ったストレス系の緊張を繰り返し緩和させます。




2014年群発期


群発期に受診されたのは数回だけでその後はお越しになりませんでした。

その後、頭痛は2週間続いて群発期が終了したそうです。




2015年群発期


5月に再び群発期が始まりました。

ところが今回の群発期は、多発する左眼の痛みが出ていません。

その上に、右眼の痛みは我慢できる程度に治まっていて、激痛が来ていないそうです。

頻度は以前は毎日だったのが1週間に1回になり、薬を飲んでみると良く効きます。

Sさん、ここで気を緩めずにサポート受診を重ねて、群発の原因部分をさらに減らしてほしいと願います。




今後は


受診後の次の群発期に改善感が出た時のサポート受診が大切です。

なぜならば、まだ群発頭痛の原因部分はまだ残っているからです。

その原因部分に、日々の疲労や緊張も上乗せされて1年分溜まっていくのです。

もしも仕事などで強い疲労や緊張を溜める時が来ると、再びドカンと出てしまいます。

ですので、群発期にまだ頭痛が出る限りはサポート受診でさらに軽減することが大切です。




群発が治るとは


群発頭痛が治るというのは、群発期が無くなる事です。

群発期に頭痛が全く出なくなる、または普段の散発的な頭痛に移行する。

この2つの状態になれば、群発頭痛は治ったと定義しています。

群発期が軽くなっても、それは治ったのではなく軽減した状態です。

日々の生活の中での負荷が増えれば、再びドカンもありえます。

ですので、群発期が無くなる所まで根気よくサポート受診を続けてみて下さい。

目安としては、受診後の群発期2~3回でのサポート受診で達成出来ると考えております。















category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。