京都平安ブログ

京都三条寺町にある整体院 平安コンディショニング 爽快な体になるお話

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

重度の群発頭痛:回復日記 

 

群発右男性15-07-09






重度の群発頭痛


東京都の37歳の男性Kさん、27歳から半年周期の群発頭痛が発症、2~2.5ヶ月の群発期激しい痛みが出ます。

専用薬の錠剤・点鼻・自己注射も効かず、ステロイド剤のプレドニンが唯一効果ありです。

直近の1年は年に3回の群発期で、1年間の内6ヶ月間で群発頭痛が発症しています。

今も群発期が始まった所で、今回はプレドニンも効きが悪い状態です。

群発頭痛で日常生活が出来なくなり、現在休職されています。

発症時よりも、群発期が長期化・周期が早まる・薬が効きが悪いなどの場合は、重症化している群発頭痛と判断出来ます。




体にアプローチ


右目群発頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除きます。

次に、消化器官の疲労が大きいので入念に軽減させます。

続いて、腹部のストレス系の緊張を繰り返し緩和させます。

施術後、初診にあった右頭部全体にあった頭痛の改善感を確認します。

Kさん「頭がすっきりしてます。劇的に楽です!群発期には経験したことのない開放感があります。」

辛さが大きかった分、改善感を大きく感じて頂いたようです。




その後の改善


1回目集中受診(5回)後、1日複数回の頭痛が1回に軽減、痛みの度合いも和らいだ。

2回目集中受診(5回)後、頭痛は30%に軽減、プレドニンを飲まなくても過ごせる程度になる。

3回目集中受診(3回)後、頭痛は5%ほどに、眼の奥の疲労感程度になった。

1週間ごとの受診ですので、まだ群発期の真っ只中で劇的な軽減感が出ました。

その後も仮面うつの痛みが常にあるので継続して受診頂いていますが、群発頭痛の症状は出ていません。




群発期に大幅改善


群発期の痛みに軽減感を感じて頂けるのは平均5回~10回です。

群発期に頭痛を大幅に軽減するには10回~20回ぐらいと考えております。

Kさんは重症の群発頭痛でしたが、13回で5%まで軽減しました。

もちろん個人差はありますが、どちらにせよ回を重ねると群発頭痛は楽になります。

群発期最中の方、そろそろ群発期が始まりそうな方は、群発期の痛みが出ている間に

なるべく受診回数を重ねて、頭痛の改善感を実感してみて下さい。




次回も大幅改善


初診での群発期に回を重ねて改善感が出ました方は、次回の群発期に軽減感が出て来ます。

Kさんは今期13回、とことん受診をされて頭痛を5%まで下がられました。

ここまで徹底して受診されますと、次回の群発期はほぼ間違いなく大幅な軽減が期待できます。

半年後の群発期がどの位まで軽減するかを検証して行きたいと思います。

追ってこのブログに改善状況を記載して行きます。




受診の感想


13回受診後、Kさんから受診の感想を頂きました。

群発感想















スポンサーサイト

category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

【慢性頭痛】瞼が下がると頭痛がやって来る 

 

頭痛15-01-20






眼瞼下垂から頭痛になる


京都の34歳女性Tさん、高3からこめかみに痛みの出る慢性頭痛をお持ちです。

最近では右目の眼瞼下垂が起きると、それが引き金になってこめかみ~頭全体に頭痛が出て来ます。

週に1~2回の頭痛で鎮痛剤を飲むために、胃が荒れて不調を感じられています。




体にアプローチ


こめかみ頭痛と眼瞼下垂を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除きます。

次に、消化器官の疲労を軽減させて、腹部の緊張を緩和させます。

続いて、肩関節・首肩の筋肉のこわばりを解除します。

初診では頭痛はありませんでしたが、術後体の軽い感を感じて頂けました。




その後の改善


初回以降は、頭痛に変化はありませんが便秘が解消したそうです。

2回目以降は、右目瞼が下がって来なくなったそうです。

3回目以降は、頭痛が70%ほどに軽減しました。

4回目以降は、頭痛が40%ほどに軽減しています。

5回目以降は、頭痛が20%ほどに軽減しました。

6回目、頭痛のラインが大いに緩みましたので、一旦様子見としました。

ここまで3ヶ月かけて通院頂きましたが、症状は戻っていませんので、このまま良い状態が維持出来るでしょう。




あふれて起きる慢性頭痛


体の中に疲労や緊張が溜まると、それを体外に放出しているのが頭痛です。

頭痛の頻度が多い、寝込んでしまう・薬が効かない・何日も続く・吐き気を伴うという辛さがある場合は

過去の疲労緊張が、ご自身の体に満タン溜まってしまって起きているのです。

この状態ですと、天気の変化・梅雨や真夏のムシムシ感というわずかなストレスでも頭痛が起きて来ます。

慢性頭痛は、溜にたまった疲労と緊張があふれ出ている現象なのです。


疲労あふれる



慢性頭痛は大いに改善する


頭痛は、体の疲労と緊張が体外に放出されて起きています。

特に慢性頭痛は、何年間も疲労や緊張を溜め込んで慢性的にあふれ出ている症状です。

Tさんの頭痛も17年間溜めにためた疲労と緊張が常に溢れだして起きていました。

この様に過去に溜めた負荷は、取り除いてしまいますと戻って来ることはありません。

ですので、慢性的な頭痛は改善が進んで、元のような辛さに戻る事はないのです。

この様な理由から当院では慢性的な頭痛は大いに改善する症状であると考えています。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

お盆の受診 

 

dai






お盆の営業


平安コンディショニングは毎年「お盆」も営業いたしております。

お盆の長期連休には、遠方からの受診の方が増えます。

今年も、東京・埼玉・長野・名古屋・宮崎・横浜などからお越しいただきありがとうございました。




受診で効果を実感


当院は3回の受診で何らかの改善感を95%の方に実感して頂けます。

平均5回の受診で95%の方に大きく改善感が出て、大半の方は元の辛さには戻りません。

そこで遠方の方には日帰りで1日3回まで、1泊2日で5回までの受診を承っております。

この集中受診1回の来院で改善感を体感して頂ける様に努めております。

遠方の方で、痛みを抱えておられる場合は集中受診をご検討なさってみて下さい。

(改善感には個人差がございます。5%のケースで改善が無理な場合がございます。)





集中受診の詳細 >>> Click










category: 受診について

tb: 0   cm: --

△top

群発期の頭痛頻度が半減 

 

出産から群発14-09-13






出産後から毎年群発


長野県在住の29歳女性Mさん、4年前の出産後から毎年春に群発頭痛が出て来ます。

右目の奥・右首~肩甲骨・右頭全体に激しい痛みが起きて来ます。

ステロイドの予防薬プレドニンのみ有効なのですが、副作用が嫌で痛みを我慢されています。




体にアプローチ


右の群発頭痛を出している「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に消化器官特に肝臓の疲労が大きいので、しっかりと軽減させます。

続いて腹部のストレス系の緊張を繰り返し緩和させます。




2014年群発期


来院時、群発期でこめかみに頭痛がありましたので、改善したかを確かめます。

Mさん「こめかみ頭痛なくなりました。頭すっきりしてます。」 この段階で初回終了です。

Mさん遠方からの来院ですので集中受診を希望されました。

計5回受診されて、次回の群発期の出方を診ていきます。




2015年群発期


幼少からの持病、ぜん息がひどく出て、ステロイド剤のプレドニンの処方で何とか治まりました。

その直後から群発期が始まり、昨年同様に強い痛みと吐き気がやって来たそうです。

ただし、前回との違いは毎日だった群発の発作が2日に1度になっています。

強い群発頭痛が出るのですが、吐き気でもどすと頭痛がス~と引くそうです。




再び集中受診


今回も1泊2日お盆の休みを利用して集中受診にご来院いただきました。

まずは右目群発頭痛のラインの緊張を繰り返し取り除きます。

吐き気がひどいので、吐き気対策の施術を行います。

腹部に強いストレス系の緊張がありますので緩和させます。

Mさん「昨日は群発頭痛出ていないので、今夜は確実頭痛が来ます。」

初日3回の受診で夜中の群発頭痛に改善が出るかどうかを診ます。




翌日の集中受診


翌日は残りの2回の受診を受けていただきます。

Mさん「昨夜は群発頭痛出ませんでした。久々にぐっすり眠れました。」

「こんなに頭が軽いことは群発期には絶対無いんです。」

昨日の3回の受診の効果が、さっそく出ています。

これは昨年5回の受診で、群発頭痛の原因を減らしていますので早く効果が出たようです。

今回の5回受診で、今出ている群発期の頭痛が楽になるでしょう。

同時に、次回の群発期の症状がさらに軽減します。




群発期以外でも検証〈その①〉


群発期以外でも、群発頭痛が軽減しているかどうかを検証する方法があります。

Mさんの場合は、群発の出る右目に常に眼精疲労と度々の充血が起きます。

これは群発期以外でも、右目の「痛みのライン」は存在していて、常に負荷をかけているからです。

この様に群発期以外で目に症状がある方は、受診後その症状が減るかどうかを検証してみて下さい。




群発期以外でも検証〈その➁〉


群発期以外は、何も症状が無いという方は次の検証の仕方を試して下さい。

群発頭痛の方の大半が、消化器官に疲労を掛ける食生活をされています。

1.炭水化物(ご飯・麺・パン) 2.甘い物(お菓子・スイーツ) 3.お酒

4.油物(揚げ物系・パンケーキ系・お菓子系)  5.激辛物・ジャンクフード

6.冷えた炭酸ジュース  7.珈琲を10杯ぐらい飲む  8.スナック菓子・チョコレート

受診後、以上の8品目に対して無性に食べたい感が軽減するかどうかを検証してみて下さい。

ただし無理にやめるのではなく、自然に無性に欲しい感が軽減するかどうかです。




Mさんの場合は


Mさんの場合は、検証①で眼精疲労・目の充血が日常どのくらい減るかを観察していただきます。

検証➁では、大好きな油物・スナック菓子・チョコ・炭酸ジュース、これらが無性に欲しい感が自然に減るかどうかです。

目の症状や無性に欲しい感の軽減の大きさが、次回の群発期の軽減感と連動しています。

Mさんも前期・今期ですでに10回受診頂いたので軽減感が実感として出て来ます、検証してみて下さい。




【群発頭痛専科・・・群発頭痛を大幅改善出来る頭痛外来 >>> ☆ Click ☆ 】










category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

群発頭痛・目の奥痛に効果ありのベンザ鼻炎スプレー 

 

ben1.jpg






群発頭痛に効く市販薬


群発頭痛の場合は、痛みを緩和させるには病院で処方されるトリプタン系の専用薬が主流です。

飲むタイミングで効かない事もあるトリプタン製剤、お値段も高めです。

ところが最近ネットなどで、市販薬が効くという情報が流れています。

その市販薬は、「ベンザ鼻炎スプレー」です。

当院の群発頭痛のお客様にも使用されている方があり、効果ありという方もおいでです。

反して効果が無いと云われるお客様もあり、効果には個人差があるようです。




なぜ効くのか


この鼻炎スプレーに含有されている「リドカイン 」という局所麻酔薬が有効の様です。

痛みのある側の鼻にスプレーする事で、副鼻腔まで薬剤が届いて眼球の周りに麻酔効果が出ると考えられます。

ですので群発頭痛の眼の奥痛には有効と考えられます。

群発頭痛のこめかみ痛・奥歯痛・首根痛には効果は薄いのではと予想されます。


副鼻腔と群発



痛みのライン


目の奥痛を起こしている「痛みのライン」もちょうど副鼻腔内を通過して、視神経周辺に及んでいます。

痛みのラインは、炎症のラインでもあり触診すると強い痛みがあります。

痛みのラインの炎症が視神経を強く刺激して、激しい眼の奥の激痛がやって来ます。

この炎症の痛みを、局所麻酔効果で緩和させているという感じなのでしょう。


gun-ensyou.jpg



痛みの大元を取り除く


眼の奥の激痛が出た時は、薬で対処して痛みのストレスを回避する必要があります。

しかし、薬はその場しのぎの対処療法であることには変わりありません。

群発頭痛を減らして行くには、群発頭痛を起こしている痛みのラインを緩和させる事です。

痛みのラインの炎症は、溜にたまった体の疲労と緊張が起こしています。

疲労と緊張を減らして行くと、群発期でも痛みや頻度に改善感が出て来ます。

薬で痛みに対処しながら、痛みの大元の原因を減らすことが根本治療であると考えています。

群発頭痛を抱えておられる方は、当院の療法にチャレンジしてみて下さい。




〈鼻炎スプレーの情報サイト:Click〉




【群発頭痛専科・・・群発頭痛を大幅改善出来る頭痛外来 >>> ☆ Click ☆ 】










category: 群発頭痛

tb: 0   cm: --

△top

眉間の痛みとコリ感 

 

眉間15-03-16






眉間が痛い


京都の32歳男性のNさん、1年前から眉間の痛みがひどくなったそうです。

眉間に痛みが無い時でも、常に眉間に強いコリ感があります。

デスクワークですが、仕事に集中できずイライラが増して辛い状態です。




眉間のラインを確認


眉間の痛みを出している「痛みのライン」を確認します。

眉間のラインを触りますと激痛があります。

痛みのラインは、炎症のラインですので、眉間でその炎症を痛みやコリとして感じているのです。

この場合は、痛みがある眉間には何も原因はありません。




体にアプローチ


眉間の痛みを出している「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、のど周りのこわばりを解除、胸骨のズレを微調整します。

続いて、腹部のストレス系の緊張を入念に軽減させます。




初診の改善感


初診では、眉間痛がありましたので改善状況を確認します。

Nさん「眉間痛くないですね。何か頭がすっきりしてます。」

初診で痛みコリがすっきり取れた場合は、後は回を重ねると改善が進んで行きます。




その後の改善


初回以降は眉間痛が1週間かけて徐々に元に戻ったそうです。

2回目以降、眉間痛は70%に軽減しました。3回目以降、眉間痛は40%に軽減しました。

4回目で眉間痛のラインが治まりましたのでここで一旦終了です。

再び眉間痛が出てくればお越しくださいとしました。




今後は


これで元のような、ひどい痛みコリは再び起きる事は無いでしょう。

何故ならば、Nさんの眉間痛の原因は今まで溜まった心身の疲労と緊張が原因でした。

過去の溜まった疲労や緊張は取り除くと、戻って来ることはありません。

この様な理由から、元の様なつらい症状に戻る事はないと判断出来ます。

それでも今の疲労や緊張が増えれば、たまに眉間痛として放出される事はありかもしれません。

その様な時には、メンテナンス受診をなさって下さい、再びすっきり感が戻って来ます。











category: 頭痛・片頭痛

tb: 0   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。